緘黙関連ニュース

トピックに返信する


答えを正確にご入力ください。答えられるかどうかでスパムボットか否かを判定します。
スマイリー
:D :) ;) :( :o :shock: :? 8-) :lol: :x :P :oops: :cry: :evil: :twisted: :roll: :!: :?: :idea: :arrow: :| :mrgreen: :geek: :ugeek:

BBCode: ON
[img]: ON
[flash]: OFF
[url]: ON
スマイリー: ON

トピックのレビュー
   

展開ビュー トピックのレビュー: 緘黙関連ニュース

7月1日新刊『場面緘黙支援の最前線』発売予定

投稿記事 by 富条 » 2017年5月22日(月曜日)22時03分

『場面緘黙支援の最前線-家族と支援者の連携をめざして-』という翻訳書が出る予定です。
翻訳はかんもくネット、出版社は学苑社だそうです。

本の詳細は私には分かりませんが、著者からして、イギリスの本 Tackling Selective Mutism の翻訳書ではないかというのが私の見方です。

↓ ブログで取り上げています。
7月にまた新刊が出ます『場面緘黙支援の最前線』
http://smjournal.blog44.fc2.com/blog-entry-1137.html

「かんもくフォーラム」12月9日名古屋?

投稿記事 by 富条 » 2017年5月20日(土曜日)21時23分

「かんもくフォーラム」の Facebook ページが、およそ9ヶ月ぶりに更新されました。

↓ かんもくフォーラムの Facebook ページへのリンクです。Facebook に登録されていない方でもご覧になれます。
https://www.facebook.com/kanmokuforum/photos/a.1433590006935960.1073741828.1425100187784942/1684361941858764/

今年のフォーラムは、12月9日土曜日に名古屋で開催という意味でしょうか?
12月9日土曜日の名古屋といえば、信州かんもく相談室の講演会(詳細未発表)が予定されていたはず。

[2017年5月21日編集・追記]

場面緘黙 講演会 in 名古屋(仮)主催者: 信州かんもく相談室」という催し物のホームページがかつてあったのですが、これが改題されています。
かんもくフォーラム2017 in 名古屋(仮)主催者: 信州かんもく相談室」に変わっています。
https://www.facebook.com/events/1117357295040065/
ということは、かつて信州かんもく相談室の講演会として予定されていたものが、かんもくフォーラムに統合されたのかもしれません。


↓ なお、昨年のかんもくフォーラムの様子。かんもくフォーラム2016のホームページへのリンクです。
http://kanmokuforum2016.wixsite.com/0806

↓ 一昨年。かんもくフォーラム2015のホームページへのリンクです。
http://kanmokuforum.wixsite.com/2015

支援学級でのICT活用

投稿記事 by 富条 » 2017年5月19日(金曜日)22時50分

リセマムという保護者向けの教育情報サイトで、支援学級で緘黙児にICTを活用した事例が紹介されています。
DさんとEさんという2つの事例ですが、このうちDさんは自閉症を併せ持っていたそうです。

↓ リセマムへのリンクです。
【EDIX2017】特別支援教育でのICT活用にマイクラも…つくば市立春日学園
https://resemom.jp/article/2017/05/19/38186.html

緘黙を経験し、長年ひきこもり状態にあった女性が、個展を開いた話

投稿記事 by 富条 » 2017年5月18日(木曜日)21時38分

ダイヤモンドオンライン(ダイヤモンド社)に5月18日、「引きこもり生活15年、女性画家を絶望から救った『運命の出会い』」という記事が掲載されました。

この記事を書いた池上正樹氏(ジャーナリスト)の Twitter 投稿によると、この女性は子どもの頃に場面緘黙症だったそうです。
記事にも「小学校のときは、家ではしゃべれるのに、学校に行くと一言もしゃべれませんでした」などとあります。

ただし、記事によると、発達障害を併せ持っていた方のようです。
発達障害を併せ持った緘黙は、診断上は「選択性緘黙」ではないそうです。

7月には山梨県立図書館で個展を開かれるとのこと。

↓ ダイヤモンドオンラインへのリンクです。
引きこもり生活15年、女性画家を絶望から救った「運命の出会い」
http://diamond.jp/articles/-/128453

↓ 池上正樹氏(ジャーナリスト)の Twitter 投稿へのリンクです。Twitter に登録されていない方でもご覧になれます。
https://twitter.com/chakichakiike/status/865009024529383428

信州かんもく相談室、成人の相談を試験的に受け付け

投稿記事 by 富条 » 2017年5月17日(水曜日)21時19分

信州かんもく相談室(上田市)が、成人の相談を試験的に受け付けるそうです。
詳しくは、下記のリンクをご覧ください。

↓ 信州かんもく相談室の Facebook ページへのリンクです。Facebook に登録されていない方でもご覧になれます。
https://www.facebook.com/shinshu.kanm0ku/posts/806406342856686

学生の研究目的の質問「緘黙のゴール」に、回答者100名超

投稿記事 by 富条 » 2017年5月14日(日曜日)17時07分

ともさんという学生さん(大学院生?)が、Twitter で「緘黙のゴールってどのようなこと??」という質問を募集したところ、回答者数が100名を突破したそうです。
これは研究目的の質問だそうです。

↓ ともさんの Twitter アカウントへのリンクです。Twitter に登録していない方でもご覧になれます。
https://twitter.com/Iwtkt21/status/863421606768529412

アメブロ公式トップブロガー「タマ タマヨ」さん

投稿記事 by 富条 » 2017年5月14日(日曜日)17時02分

アメブロの公式トップブロガー・タマ タマヨさんのブログ。
お子さんのお一人が発達障害を背景とした場面緘黙症のようで、これまでブログで緘黙について何度か書いてこられました。

最新記事は「場面緘黙症の克服へ①」です。
現在、アメブロの全体ブログランキング2位、子育て(小学生以上)ジャンル1位です。

↓ タマ タマヨさんのブログへのリンクです。
場面緘黙症の克服へ①
https://ameblo.jp/mammy-boco/entry-12274114717.html

『毎日新聞』朝刊1面に、モリナガアメさんの本の広告掲載

投稿記事 by 富条 » 2017年5月12日(金曜日)21時39分

5月12日金曜日の『毎日新聞』朝刊1面に、新刊『かんもくって何なの!?-しゃべれない日々を脱け出た私-』の広告が掲載されたようです。
著者のモリナガアメさんが Twitter でその画像を掲載するなどしています。

ただ、私の地元の『毎日新聞』には、この広告は掲載されていませんでした。
東京からかなり離れた地方です。
念のため、5月10日と11日の朝刊も調べてみたのですが、やはり掲載されていませんでした。

↓ モリナガアメさんの Twitter 投稿へのリンクです。
https://twitter.com/morinagaame/status/862899587979264001

↓ ブログでも取り上げています。
『毎日新聞』朝刊1面に、新刊『かんもくって何なの!?』の広告
http://smjournal.blog44.fc2.com/blog-entry-1136.html

モリナガアメさんの本が今日発売、新たな漫画更新も

投稿記事 by 富条 » 2017年5月10日(水曜日)00時38分

モリナガアメさんのかんもく漫画『かんもくって何なの!?-しゃべれない日々を脱け出た私-』が、今日5月10日に発売されます。

また、これを受けて昨日より、モリナガアメさんが漫画を新たに更新されています。
他の経験者の方と出会ったお話だそうです。
この新作も、たくさんの人が読んでいます。

[追記(2017年5月10日)]

「元かんもく少女が出会った話2 」が公開されました。

※ イラストコミュニケーションサービス「pivix」へのリンクです。

元かんもく少女が出会った話2
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=62833953

元かんもく少女が出会った話1
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=62817467

↓ 今日発売のモリナガアメさんの本。Amazon.co.jpアソシエイトリンクです。
かんもくって 何なの!?: しゃべれない日々を脱け出た私
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4772613137/nhj-22/

緘黙当事者のショート漫画、Twitterでシェア広がる

投稿記事 by 富条 » 2017年5月09日(火曜日)21時59分

ひのさんという当事者の方が場面緘黙症のショート漫画を Twitter に投稿しました。
この投稿に数多くのシェアが広がっています。
現在、350件近いリツイート(シェア)を記録しています。

ひのさんは少女漫画家を志望されているだけあって、大変お上手です。 :shock:

↓ Twitter へのリンクです。Twitter に登録されていない方でもご覧になれます。
https://twitter.com/pino23pon/status/861609653918089222

ページトップ