緘黙関連ニュース

トピックに返信する


答えを正確にご入力ください。答えられるかどうかでスパムボットか否かを判定します。
スマイリー
:D :) ;) :( :o :shock: :? 8-) :lol: :x :P :oops: :cry: :evil: :twisted: :roll: :!: :?: :idea: :arrow: :| :mrgreen: :geek: :ugeek:

BBCode: ON
[img]: ON
[flash]: OFF
[url]: ON
スマイリー: ON

トピックのレビュー
   

展開ビュー トピックのレビュー: 緘黙関連ニュース

熊本で定員450人の講演会、札幌でも100人の学習会か

投稿記事 by 富条 » 2017年7月28日(金曜日)00時10分

熊本市で、場面緘黙症の講演会が開かれるそうです。

熊本県・熊本市連携 発達障がいに関する講演会
「場面緘黙の理解と支援」

主催:熊本市子ども発達支援センター
日時:8月26日(土曜日)9時30分~11時30分
場所:くまもと森都心プラザ プラザホール
対象:熊本県内にお住まいの方
定員:450人(先着順)
入場料:無料
講師:高木潤野氏(長野大学准教授)

お申し込みは、8月7日より。熊本市コールセンター「ひごまるコール」へ。

熊本市コールセンター「ひごまるコール」 
https://higomaru-call.jp/

情報源はこちら。

↓『くまもと市政だより』2017年8月号。11ページ右側をご覧ください。子ども同伴で別室聴講を希望される方への情報もあります。熊本市ホームページへのリンク。PDF(9.46MB)。
http://www.city.kumamoto.jp/common/UploadFileDsp.aspx?c_id=5&id=16572&sub_id=2&flid=113218

↓くまもと森都心プラザホームページへのリンク。
http://stsplaza.jp/plazahall/events/2017/08/post_368.html

* * * * *

また、札幌市では、8月20日の日曜日に「場面緘黙だったボクが言えること」と題する学習会が開催されるという情報もあります。

↓学苑社のブログへのリンクです。
http://gakuensha-no-blog.seesaa.net/article/452181145.html

この情報は複数の情報源で確認しているのですが、肝心の主催者と思われる全国障害者問題研究会北海道支部のホームページやブログには、今のところこの情報は掲載されていません。情報の裏が取れていません。

* * * * *

なお、これらの催しはブログでも取り上げています。内容はほぼ同じです。
http://smjournal.blog44.fc2.com/blog-entry-1151.html

8月15日発行『教室教室ツーウェイNEXT』5号に、緘黙

投稿記事 by 富条 » 2017年7月28日(金曜日)00時00分

8月15日発行の『教室教室ツーウェイNEXT』(学芸みらい社)5号が、場面緘黙症を何らかのかたちで扱うようです。

出版社ホームページの内容説明の冒頭あたりに緘黙のことが書かれてあり、緘黙がある程度大きく取り上げられるのかと期待が膨らみます。
ですが、目次を読むと〈1分間で紹介・10分間も語れるネタ情報〉として日本緘黙研究会が紹介される程度にも思えます。
果たして、どうなのでしょう。

↓ 出版社ホームページへのリンクです。
教室ツーウェイNEXT 5号
http://www.gakugeimirai.jp/archives/5794

ラジオ『緘黙の歌声』誤って別番組が放送される

投稿記事 by 富条 » 2017年7月24日(月曜日)06時45分

FM世田谷で7月23日(日曜日)に放送予定だった、若倉純さんの『緘黙の歌声』ですが、誤って別の番組が放送されるハプニングがありました。

今回の放送分は、改めて別の日に放送されるそうです。
詳しくは、若倉純さんのブログをご覧ください。

↓ 若倉純さんのブログへのリンクです。
緘黙の歌声 7/23(日)放送分について
http://ameblo.jp/wakakurajun/entry-12295341026.html

しかし、これは珍しい。
私もこの番組を聴こうとネットに接続したのですが、女性がパーソナリティーの別番組が放送されていたので、聴く時間帯や放送局を間違えたかと思いました。
長年ラジオを聴いていますが、こんなの初めてです。

テレビ番組では、1988年(昭和63年)にアニメ『鎧伝サムライトルーパー』が、誤って2週連続で同じ回が放送されたことがあるという話を読んだことがあります(二重放送)。

「勇敢であれ!」米地方ニュースに緘黙の記事

投稿記事 by 富条 » 2017年7月19日(水曜日)22時07分

アメリカはミネソタ州にあるノースフィールドの地方ニュースです。

Combatting social anxiety by spreading positive messages
http://www.southernminn.com/northfield_news/news/article_e85b88ce-f658-5d01-b0d9-45de1f21ed9d.html

この緘黙児が持つ石に書かれた "Be Brave!"(勇敢であれ!)という文字。
緘黙児に勇敢であるよう動機付けを図るのは、最近アメリカや欧米の緘黙児支援でよく見られます。

記事には、Camp Brave というフロリダの集中プログラムを受けたことも書かれてあります。
集中プログラムも、最近のアメリカの緘黙児支援のトレンドです。

She partnered her with a more social, talkative young girl and the two became friends.

緘黙児より社交性がなく話さない子どもは、そういないような……。
もしかすると、社交的でよく話すタイプの子どもを、緘黙児の友達になるよう組ませたということでしょうか。
比較的大人しいタイプの子どもが友達になるのと、どっちがいいのかな。

広島県福山市で講演会、10月14日土曜日

投稿記事 by 富条 » 2017年7月18日(火曜日)21時56分

広島県福山市で、場面緘黙症の講演会が開かれます。
10月14日の土曜日です。
定員は80名で、最初の申し込み受付が8月1日に開始されます。

詳しくは、講演会の公式ホームページへ。
https://kanmokufukuyama.wixsite.com/kouenkai

米国で8月30日に緘黙の新刊、専門家向けか

投稿記事 by 富条 » 2017年7月17日(月曜日)21時55分

Finding Voice: Treating Selective Mutism and Social Anxiety という本が出版される予定です。
著者は臨床心理学者の Robert L. Schum 氏。

関連書籍コーナーに情報を追加しています。

↓パソコン向け
http://smjournal.com/books/books_english_for_pro.html

↓スマートフォン向け
http://smjournal.com/books/sp/books_english_for_pro.html

Robert L. Schum 氏が著した緘黙に関する読み物をざっと探してみました。
いずれも、PDFファイルです。

Selective Mutism An Integrated Treatment Approach
https://www.selectivemutism.org/wp-content/uploads/2016/06/Selective-Mutism.pdf

A Personal Look at a Student’s Selective Mutism
http://smhp.psych.ucla.edu/pdfdocs/selectmut.pdf

7月15日「愛知サマーセミナー」で緘黙の講座

投稿記事 by 富条 » 2017年7月14日(金曜日)12時39分

7月15日に、名古屋市で開かれる「愛知サマーセミナー」で、緘黙の講座が開かれます。
講師は「生徒」と公式ページにありますが、高校生のようです。

↓ この講座について
http://samasemi.heteml.jp/flex/php/SearchClass.php?ex=1&ev=19&c=12&p=2&i=1039

↓ 講師の所属区分に「生徒」とあります。
http://samasemi.heteml.jp/flex/php/SearchClass.php?c=12&d=0000-00-00&t=-1&b=-1&u=-1&g=-1&k=緘黙

↓ 「第29回愛知サマーセミナー 2017」トップページ。2120講座を擁する大きな催しです。
http://www.samasemi.net

明日の1時限目だなんて、もう少し早く気付いてお伝えできればよかったです。 :(

緘黙の著書3冊、Wikipediaに故・山本実教授の項目ができる

投稿記事 by 富条 » 2017年7月10日(月曜日)23時55分

80年代後半に、場面緘黙症の本を3冊著した、岩手大学の故・山本実教授。
Wikipediaに山本教授の項目ができました。
現在、ほとんど何も書かれてありませんが、緘黙の著書3冊は挙げられています。

↓ Wikipediaへのリンクです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E5%AE%9F_(%E6%95%99%E8%82%B2%E5%AD%A6%E8%80%85)

ある方から伺ったお話ですが、インターネットがなかった当時、山本教授は個人的に本を通して保護者とやりとりをされていたそうです。

緘黙の研究や啓発で大きな足跡を残された山本教授。
これを機に、より多くの方に知られてほしいです。

↓ 場面緘黙症Journal ブログへのリンク。山本教授について詳しく書いています。
http://smjournal.blog44.fc2.com/blog-entry-226.html

緘黙に似てる?漫画『古見さんは…』第1巻がKindleで無料(13日まで)

投稿記事 by 富条 » 2017年7月05日(水曜日)21時55分

場面緘黙症に似たものが描かれているという声もある漫画『古見さんは、コミュ症です。』
第1巻が、Amazon の電子書籍 Kindle で無料配信されています。
7月13日22時00分までの、期間限定無料お試し版だそうです。

緘黙が「コミュ症」かどうかは、置いておいて、ご紹介します。
※ 少年誌連載のコメディです。

↓ Amazon.co.jp へのリンクです。
https://www.amazon.co.jp/dp/B071K8M86F/

[関連記事]
『古見さんは、コミュ症です。』の古見さんが、緘黙に似てる
http://smjournal.blog44.fc2.com/blog-entry-1078.html

英国の事件、動機は

投稿記事 by 富条 » 2017年7月04日(火曜日)23時38分

Teenage girl admits killing Katie Rough, 7, 'to test whether she was a robot'
http://www.telegraph.co.uk/news/2017/07/03/teenage-girl-admits-killing-katie-rough-7/

Teenager killed Katie Rough, 7, ‘to see if she was a robot’
https://www.thetimes.co.uk/article/teenager-killed-katie-rough-7-to-see-if-she-was-a-robot-9p8qvkc0l

ページトップ