緘黙関連ニュース

トピックに返信する


答えを正確にご入力ください。答えられるかどうかでスパムボットか否かを判定します。
スマイリー
:D :) ;) :( :o :shock: :? 8-) :lol: :x :P :oops: :cry: :evil: :twisted: :roll: :!: :?: :idea: :arrow: :| :mrgreen: :geek: :ugeek:

BBCode: ON
[img]: ON
[flash]: OFF
[url]: ON
スマイリー: ON

トピックのレビュー
   

展開ビュー トピックのレビュー: 緘黙関連ニュース

10月に国立特別支援教育総合研究所の研修で、緘黙の講義か

投稿記事 by 富条 » 2017年9月20日(水曜日)21時42分

金原洋治氏が院長を務める「かねはら小児科」のホームページによると、同氏が、国立特別支援教育総合研究所の研修で、場面緘黙症について講義するようです。
10月4日(水曜日)だそうです。
詳しくは、かねはら小児科ホームページ左サイドバー「院長の講演会・論文・著書」(PDF)をご覧ください。

↓ かねはら小児科ホームページへのリンクです。
http://www.kanehara-syounika.jp/

国立特別支援教育総合研究所には、このような細かい講義の情報は掲載されていません。

↓ 今回の講義とは関係ないかもしれませんが、このような記事をブログで書いたことがあります。2015年9月の記事です。
国立施設で緘黙の研修、国会で議論されたことが実現か
http://smjournal.blog44.fc2.com/blog-entry-960.html

海外研究:スーパーヒーローのコスチュームで脱感作

投稿記事 by 富条 » 2017年9月19日(火曜日)21時51分

↓ 全文公開されています。
Superhero Costumes as a Method for Treating Children with Selective Mutism: A Case Study
https://www.intechopen.com/books/advances-in-speech-language-pathology/superhero-costumes-as-a-method-for-treating-children-with-selective-mutism-a-case-study

著者はサウジアラビアの King Saud University に所属。
緘黙児(5歳8ヶ月)との初対面時、緘黙児がスーパーマンのコスチュームを着ていたことから、セラピーの計画を変更。
スーパーマンのコスチュームを着て、スーパーマンのロールプレイをすることを通じ、発話に持っていこうとしたようです。
これを、Superhero costume therapy と呼んでいます。

スーパーヒーローのコスチュームには子どものスキルを高める効果があるのだろうかと考えさせられるのですが、先行研究の蓄積は少ないようです。

これとは別に、欧米では、緘黙児者に勇敢であるよう促し、少しずつ発話に持っていく取り組みが最近行なわれています。
取り組みをより効果的に行なうために、緘黙児者に対してどのような意識付けが行なえるか、考えさせられました。

著者は、ミドルネームが Yourself さんとおっしゃるのでしょうか。

『少女邂逅』追加上映情報

投稿記事 by 富条 » 2017年9月16日(土曜日)19時37分

場面緘黙症を経験したという映画監督の実体験を元にした映画『少女邂逅』。
9月6日(水曜日)に上映日程を一旦終えたのですが、追加上映の情報が入っています。

現在入っている上映情報は、以下の通りです(公式 Twitter アカウントより)。

9月16日(土曜日)、9月17日(日曜日)
kissshkissssssh映画祭(紀州)
※ 情報に気づくのが遅れて、すみません。

10月2日(月曜日)
新宿シネマカリテ

今後、さらに新たな上映日程が入る可能性もあります。
気になる方は、公式 Twitter アカウントをチェックしてみてください。
Twitter に登録されていない方でも閲覧できます。

↓ 『少女邂逅』公式 Twitter アカウント
https://twitter.com/kaiko_girl

※ ただし、緘黙をテーマとした映画ではないかもしれません。

かんもくネット、米国団体のQ&Aを全公開

投稿記事 by 富条 » 2017年9月15日(金曜日)21時45分

かんもくネットが、アメリカの緘黙団体 Selective Mutsm Association(旧称 Selective Mutism Group Childhood Anxiety Network)ホームページ内にある、Q&Aの翻訳を追加公開しました。

6年超にわたるQ&Aの翻訳公開が、これで全て終わりました。
公開した htmlページの数は、全部で114ページに上るそうです。

↓ かんもくネット SMG~CAN(米国)Q&A
http://kanmoku.org/ask-the-doc.html

「バリバラ」緘黙の放送は、10月8日以降?

投稿記事 by 富条 » 2017年9月10日(日曜日)21時34分

先日お話したように、毎週日曜日放送のNHK Eテレの番組「バリバラ」が、場面緘黙症を扱うものと見られます。

では、いつ緘黙は扱われるのでしょう。
番組公式ホームページによると、来週9月17日の放送は「バリバラ海の王子」決定戦、さらに9月24日と10月1日はアンコール放送とあります。
とすると、番組が緘黙を取り上げるとしたら、10月8日以降かもしれません。

↓ 番組公式ホームページ「放送予定」へのリンクです。
http://www6.nhk.or.jp/baribara/next/

↓ 「バリバラ」が緘黙を扱うと見られることについて。場面緘黙症Journalブログへのリンク。
NHK Eテレ「バリバラ」で緘黙の企画か、番組がメッセージ募集
http://smjournal.blog44.fc2.com/blog-entry-1160.html

日本認知・行動療法学会の大会で、緘黙のポスター発表2件

投稿記事 by 富条 » 2017年9月10日(日曜日)16時12分

9月29日(金曜日)から10月1日(日曜日)にかけて新潟市で行なわれる日本認知・行動療法学会第43回大会で、場面緘黙症に関わるポスター発表が2件予定されています。
ともに、29日の予定です。

    選択性緘黙を呈する中学生への行動療法による支援-行動アセスメントとその事例適用-
    発達障害のある場面緘黙女児への行動療法に基づいた介入

↓ 詳しくは、以下のPDFファイルをご覧ください。
http://www.niicon.jp/jabct2017/_src/3232/poster_saitaku.170829.pdf

「かんもくフォーラム2017」申込受付開始

投稿記事 by 富条 » 2017年9月09日(土曜日)21時46分

12月9日(土曜日)に名古屋で開かれる催し「かんもくフォーラム2017」の参加申し込みの受付が9月9日(土曜日)より始まりました。
また、プログラムの内容も明らかにされています。
詳しくは、公式ホームページへ。

↓ 「かんもくフォーラム2017」公式ホームページへのリンクです。
https://www.kanmoku-forum.com/

↓ お申し込みをされる方は、公式ホームページ「Program」末尾をご覧ください。
https://www.kanmoku-forum.com/program/

↓ 私のブログでも取り上げています。
http://smjournal.blog44.fc2.com/blog-entry-1171.html

英国の緘黙団体SMIRA、新ホームページ開設

投稿記事 by 富条 » 2017年9月08日(金曜日)21時23分

イギリスの場面緘黙症団体SMIRAが、新しいホームページを開設しました。
旧ホームページは、アクセスできない状態が続いていました。
アドレスが新しく変わっていますが、旧ホームページのアドレスからもアクセスできるようになっています(転送されるため)。

もっとも、ホームページの内容はあまり変わっていないようにも思います。

↓ SMIRAの新ホームページです。
http://www.selectivemutism.org.uk/

『少女邂逅』全上映日程を終了

投稿記事 by 富条 » 2017年9月07日(木曜日)06時50分

場面緘黙症を経験したという映画監督の実体験を元にした『少女邂逅』の全上映日程が、9月6日(水曜日)に終わりました。
緘黙をテーマにした作品ではないかもしれませんが、このサイトでは注目していました。
監督は、この映画に全財産を投入したそうで、この映画にかけた意気込みの強さを感じます。

監督のお話
https://motion-gallery.net/projects/ShojoKaikou/updates/16556

映画は、満席が続いたそうです。
好評だったようなので、また上映されるとよいです。
今回は東京での上映だったので、できればそれ以外の地域でも。

TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」で、緘黙当事者の投稿が紹介・公式サイトで聴けます

投稿記事 by 富条 » 2017年9月01日(金曜日)07時11分

2017年8月31日に放送されたTBSラジオ「荻上チキ・Session-22」で、場面緘黙症が話題になりました。
当事者の投稿が紹介されました。

↓ 公式サイトで音声が公開されています。43分2秒頃から44分46秒頃まで。
https://www.tbsradio.jp/178417

この日の番組の特集は、「8月31日、夏休み最後の夜、どんな気持ちで過ごしていましたか?」でした。

「荻上チキ・Session-22」は、2015年5月28日にも、緘黙について触れていたとみられます。
荻上チキさんは、同じ日に放送された NHK Eテレの番組「ハートネットTV」で、緘黙の特集があった時に番組出演していました。

↓ 以前この番組が緘黙について触れた時のブログ記事です。
TBSラジオで、緘黙が少し話題になったかも
http://smjournal.blog44.fc2.com/blog-entry-921.html

※ 番組で話題になったことが確認できたことから、以前の記事はいったん削除し、書き直しました。

ページトップ