緘黙関連ニュース

トピックに返信する


答えを正確にご入力ください。答えられるかどうかでスパムボットか否かを判定します。
スマイリー
:D :) ;) :( :o :shock: :? 8-) :lol: :x :P :oops: :cry: :evil: :twisted: :roll: :!: :?: :idea: :arrow: :| :mrgreen: :geek: :ugeek:

BBCode: ON
[img]: ON
[flash]: OFF
[url]: ON
スマイリー: ON

トピックのレビュー
   

展開ビュー トピックのレビュー: 緘黙関連ニュース

ベルギーで2017年2月に行なわれた催し

投稿記事 by 富条 » 2017年9月25日(月曜日)22時02分

ニュースではないのですが、ベルギーで2017年2月18日に行なわれた場面緘黙症の催しも、規模が大きかったです。
10時00分?に始まり、昼食を挟んで17時45分までありました。
参加者は180名に上りました。

ついでにお話しておきます。

Verslagen 'Spreekangst bij kinderen en jongeren. Hoe selectief mutisme in de praktijk behandelen?' op 18/02/2017 in Brugge
http://www.selectiefmutisme.be/diagnose-en-behandeling/217-verslagen-spreekangst-bij-kinderen-en-jongeren-hoe-selectief-mutisme-in-de-praktijk-behandelen-op-18-02-2017-in-brugge&usg=ALkJrhgxMOCnMFmPiU3btIlBneZebsRmLQ

米国SMAの年次総会、10月に2日間にわたって開催

投稿記事 by 富条 » 2017年9月25日(月曜日)21時54分

アメリカではおそらく最大の場面緘黙症の団体 Selective Mutism Association の年次総会が、10月14日と15日に行なわれます。

10月14日(土曜日)は、8時30分から17時30分まで。
10月15日(日曜日)は、8時00分から12時45分まで。

専門家向けのプログラムと、親向けのプログラムがあります。
さすがに SMA の催しは規模が大きいです。

Selective Mutism Association Annual Conference 2017
https://www.selectivemutism.org/event/selective-mutism-association-annual-conference-2017/

10月15日・NHK Eテレ「バリバラ」が、緘黙の特集

投稿記事 by 富条 » 2017年9月24日(日曜日)19時53分

NHK Eテレ「バリバラ」が、場面緘黙症の特集をすることが、番組公式ホームページで発表されました。
日時は10月15日(日曜日)です。
再放送が10月20日(金曜日)0時に行なわれるものと見られます。

↓ 番組公式ホームページ「放送予定」へのリンクです。
http://www6.nhk.or.jp/baribara/next/

↓ ブログでも取り上げています。
NHK Eテレ「バリバラ」緘黙の特集は、10月15日放送
http://smjournal.blog44.fc2.com/blog-entry-1176.html

英国ウェールズのAfasicが、緘黙のワークショップ2件連続開催

投稿記事 by 富条 » 2017年9月23日(土曜日)21時05分

イギリスの Afasic Cymru という団体が、9月25日と27日に、場面緘黙症のワークショップを行ないます。
この2件のワークショップは日時と場所は違いますが、タイトルと講師(Maggie Johnson 氏)は同じです。
内容も同じような気がします。

時間は9時30分から16時00分までと、(おそらく休み時間を挟んで)8時間30分あります。

↓ 9月25日実施分
https://www.afasiccymru.org.uk/training/training-events/selective-mutism-25-september-2017/

↓ 9月27日実施分
https://www.afasiccymru.org.uk/training/training-events/selective-mutism-27-september-2017/

Afasic は、SLCN (speech, language and communication needs) という、様々なコミュニケーション上の問題を抱えた当事者やその家族を支援する団体。
Afasicは『場面緘黙支援の最前線』にも名前が出てきます。
Cymru とはウェールズのことです。ウェールズ語ではこう言います。

台湾の団体が、日本の「緘黙ブログ」の記事を紹介

投稿記事 by 富条 » 2017年9月22日(金曜日)21時21分

台湾の団体「台灣選擇性緘默症協會」が、マーキュリー2世さんが運営されている「緘黙ブログ」の記事を、公式 Facebook ページで紹介しています。
紹介された記事は「台湾との姉妹校関係で選択性緘黙に関する講演等」です。
私には現地の言葉が分からないのですが、概要を翻訳して紹介しているようにも見えます。

↓ 台湾の団体の Facebook ページへのリンクです。Facebook に登録されていない方でもご覧になれます。
https://www.facebook.com/SelectiveMutismTW/posts/158097228107292

↓ 原文はこちら。マーキュリー2世さんの「緘黙ブログ」へのリンクです。
http://smetc.blog120.fc2.com/blog-entry-767.html

香港で2日間のワークショップ

投稿記事 by 富条 » 2017年9月21日(木曜日)21時30分

場面緘黙症のワークショップが2018年3月に開かれるそうです。
興味深く思ったので、ご紹介します。

↓ MindNurture というグループのサイトへのリンクです。
Selective Mutism Workshop 2018
https://mindnurturehk.org/portfolio/selective-mutism-workshop-2018/

午前9時30分から午後5時までというと、7時間30分もあるんですね。
休み時間を含めてでしょうが、それにしても長いです。
しかも、2日間もあります。

通常料金の4,500香港ドルは、約6.5万円。

講師の Ruth Perednik 氏は、イスラエルの専門家ですね。
緘黙の著書もあります。

これまで海外の緘黙の催しはご紹介してきませんでしたが、これを機に考え直してみるかもしれません。
日本でも緘黙の催しが増えてきているので。

10月に国立特別支援教育総合研究所の研修で、緘黙の講義か

投稿記事 by 富条 » 2017年9月20日(水曜日)21時42分

金原洋治氏が院長を務める「かねはら小児科」のホームページによると、国立特別支援教育総合研究所の研修で、同氏が場面緘黙症について講義するようです。
10月4日(水曜日)だそうです。
詳しくは、かねはら小児科ホームページ左サイドバー「院長の講演会・論文・著書」(PDF)をご覧ください。

↓ かねはら小児科ホームページへのリンクです。
http://www.kanehara-syounika.jp/

国立特別支援教育総合研究所には、このような細かい講義の情報は掲載されていません。

↓ 今回の講義とは関係ないかもしれませんが、このような記事をブログで書いたことがあります。2015年9月の記事です。
国立施設で緘黙の研修、国会で議論されたことが実現か
http://smjournal.blog44.fc2.com/blog-entry-960.html

海外研究:スーパーヒーローのコスチュームで脱感作

投稿記事 by 富条 » 2017年9月19日(火曜日)21時51分

↓ 全文公開されています。
Superhero Costumes as a Method for Treating Children with Selective Mutism: A Case Study
https://www.intechopen.com/books/advances-in-speech-language-pathology/superhero-costumes-as-a-method-for-treating-children-with-selective-mutism-a-case-study

著者はサウジアラビアの King Saud University に所属。
緘黙児(5歳8ヶ月)との初対面時、緘黙児がスーパーマンのコスチュームを着ていたことから、セラピーの計画を変更。
スーパーマンのコスチュームを着て、スーパーマンのロールプレイをすることを通じ、発話に持っていこうとしたようです。
これを、Superhero costume therapy と呼んでいます。

スーパーヒーローのコスチュームには子どものスキルを高める効果があるのだろうかと考えさせられるのですが、先行研究の蓄積は少ないようです。

これとは別に、欧米では、緘黙児者に勇敢であるよう促し、少しずつ発話に持っていく取り組みが最近行なわれています。
取り組みをより効果的に行なうために、緘黙児者に対してどのような意識付けが行なえるか、考えさせられました。

著者は、ミドルネームが Yourself さんとおっしゃるのでしょうか。

『少女邂逅』追加上映情報

投稿記事 by 富条 » 2017年9月16日(土曜日)19時37分

場面緘黙症を経験したという映画監督の実体験を元にした映画『少女邂逅』。
9月6日(水曜日)に上映日程を一旦終えたのですが、追加上映の情報が入っています。

現在入っている上映情報は、以下の通りです(公式 Twitter アカウントより)。

9月16日(土曜日)、9月17日(日曜日)
kissshkissssssh映画祭(紀州)
※ 情報に気づくのが遅れて、すみません。

10月2日(月曜日)
新宿シネマカリテ

今後、さらに新たな上映日程が入る可能性もあります。
気になる方は、公式 Twitter アカウントをチェックしてみてください。
Twitter に登録されていない方でも閲覧できます。

↓ 『少女邂逅』公式 Twitter アカウント
https://twitter.com/kaiko_girl

※ ただし、緘黙をテーマとした映画ではないかもしれません。

かんもくネット、米国団体のQ&Aを全公開

投稿記事 by 富条 » 2017年9月15日(金曜日)21時45分

かんもくネットが、アメリカの緘黙団体 Selective Mutsm Association(旧称 Selective Mutism Group Childhood Anxiety Network)ホームページ内にある、Q&Aの翻訳を追加公開しました。

6年超にわたるQ&Aの翻訳公開が、これで全て終わりました。
公開した htmlページの数は、全部で114ページに上るそうです。

↓ かんもくネット SMG~CAN(米国)Q&A
http://kanmoku.org/ask-the-doc.html

ページトップ