緘黙関連ニュース

トピックに返信する


答えを正確にご入力ください。答えられるかどうかでスパムボットか否かを判定します。
スマイリー
:D :) ;) :( :o :shock: :? 8-) :lol: :x :P :oops: :cry: :evil: :twisted: :roll: :!: :?: :idea: :arrow: :| :mrgreen: :geek: :ugeek:

BBCode: ON
[img]: ON
[flash]: OFF
[url]: ON
スマイリー: ON

トピックのレビュー
   

展開ビュー トピックのレビュー: 緘黙関連ニュース

故・山本実教授の著書について書いたブログ

投稿記事 by 富条 » 2017年10月21日(土曜日)22時02分

場面緘黙症を扱っているカツピコリンさんのブログが、『緘黙症・いじめ-正子の場合-』を連続で取り上げています。

『緘黙症・いじめ-正子の場合-』は、岩手大学の山本実教授(故人)による1986年3月の本です。
一般流通しなかった本で、その分、あまり知られていないのではないかと思います。
ご紹介したいと思います。

↓ カツピコリンさんのブログへのリンクです。
http://kanmokukatz.at.webry.info/

今回の記事に限らず、カツピコリンさんのブログは勉強になり、よく拝見しています。

緘黙についてブログを書いていらっしゃる方はたくさんいらっしゃいます。
Twitter や Facebook もいいですが、ブログも捨てがたいです。
ぜひご覧になってみてください。

場面緘黙症 - メンタルヘルスブログ村
http://mental.blogmura.com/kanmoku/

ブログ検索サイト「ぷりゅ.com」緘黙の検索結果
https://www.puryu.com/Search.aspx?q=%e7%b7%98%e9%bb%99

英国でほぼ丸1日のワークショップ

投稿記事 by 富条 » 2017年10月21日(土曜日)21時49分

イギリスで11月2日、ほぼ丸1日の日程のワークショップが行なわれます。
丸1日といっても、休み時間などを除くと、4時間15分です。

内容は、A holistic approach to SM management with particular reference to parenting style というのが中心だそうですが、具体的にどういうことをするのでしょうか?
この内容を中心に、4時間以上もするわけですからね。

主催者の National Selective Mutism CEN は、緘黙に関するイギリスの言語聴覚士のネットワークではないかと思います。
講師の Maggie Johnson氏も、言語聴覚士。

↓ Eventbrite というサイトへのリンクです。
Selective Mutism: Working with parents and the wider support system
https://www.eventbrite.co.uk/e/selective-mutism-working-with-parents-and-the-wider-support-system-tickets-35549940830?aff=eac2

↓ Selective Mutism Cen のホームページ
https://selectivemutismcen.wordpress.com/

カナダで6時間30分のワークショップ

投稿記事 by 富条 » 2017年10月19日(木曜日)21時20分

カナダのゲルフ(オンタリオ州)というところで10月27日(金曜日)、場面緘黙症のワークショップが開かれます。
午前9時00分から午後3時30分までだそうです。
参加費用は、個人163.72カナダドル(約1.5万円)、家族283.19カナダドル(約2.6万円)、グループ450カナダドル(約4万円)です。

↓ アンジェラ・マクホルム氏ホームページへのリンク。

Upcoming Selective Mutism Workshop
Helping Children Overcome Selective Mutism
A Skills-Training Workshop
https://www.angelamcholm.com/workshops-resources

『げ・ん・き』No.163に「緘黙状態の子どもの保育者への援助事例」

投稿記事 by 富条 » 2017年10月18日(水曜日)07時06分

エイデル研究所から出ている『げ・ん・き』という雑誌No.163(2017年9月)に、「緘黙状態の子どもの保育者への援助事例」が掲載されていたそうです。
詳しくは、以下のページをご覧ください。

↓ 著者である角田春高氏ホームページ「角田メソッド」へのリンクです。
https://kakutamethod.jp/news.html

↓ 学術情報ナビ CiNii へのリンクです。国立情報学研究所のサービスです。
http://ci.nii.ac.jp/naid/40021324203

英国:Spoken Word Artist が緘黙経験を本に

投稿記事 by 富条 » 2017年10月17日(火曜日)21時18分

ロンドンの Spoken Word Artist(何て訳せばいいのだろう?)が、場面緘黙症や社交不安の経験を本にしたそうです。
その名も The Mute’s Rebellion
一部ニュースサイトで記事になっています。

本を著したのは LionHeart さんという方です。
有名な方なのか、LionHeart さんがパフォーマンスを披露するある YouTube 動画は、25万回近くの再生数を記録しています。
緘黙を経験されたとのことですが、動画を見る限り、トークは本当にお上手です。

↓ London Live というサイトへのリンクです。
New book: From selective mutism to performance poetry
http://www.londonlive.co.uk/news/2017-10-15/new-book-from-selective-mutism-to-performance-poetry

↓ 25万回近くの再生数を記録した、LionHeart さんの YouTube 動画。
LionHeart - "Pretty Hurts" | All Def Poetry x Da Poetry Lounge
https://www.youtube.com/watch?v=Lv0VC92oxFQ

↓ MailMunch というサイトへのリンクです。
If Self Doubt Was a Religion It Would Be The Only Thing We’d Believe In
http://ic3mag.co.uk/brit-ish/lionheart-the-man-who-went-to-war-with-insecurities/

英国:脳性麻痺と緘黙がある少女が、美人コンテストで活躍

投稿記事 by 富条 » 2017年10月16日(月曜日)22時01分

脳性麻痺と場面緘黙症がある Frances Watkins さんという14歳の方が、美人コンテストで活躍されているイギリスの新聞記事です。
国際大会にも出場されるそうです。

記事を読む限り、かなり意志が強い方のようです。
お母様の不断のサポートもあったようです。

脳性麻痺がある緘黙の話は、国内外で時々聞きます。
もっとも、両者を併せ持つ率が特別高いかどうかまでは知りません。

↓ Daily Mirror の記事へのリンク。10月13日の記事。
'There’s no such word as can’t': Britain’s bravest beauty queen takes the pageant world by storm
http://www.mirror.co.uk/news/uk-news/theres-no-word-cant-britains-11335038

ブルネイの英字紙に緘黙の記事

投稿記事 by 富条 » 2017年10月16日(月曜日)07時04分

ブルネイの英字新聞 Borneo Bulletin に15日、場面緘黙症を主題とする短い記事が掲載されました。
ブルネイというのが珍しく思ったので、ここでご紹介してみます。
記事の中で、コメントをしている専門家がドイツの方のようですが、ブルネイの新聞なのに、なぜなんでしょう :?:

Shyness or selective mutism? How to tell the difference
https://borneobulletin.com.bn/shyness-or-selective-mutism-how-to-tell-the-difference/

[追記(2017年10月18日)]

マレーシアのニュースサイトにも掲載されています。
http://www.star2.com/family/children/2017/10/17/shy-selective-mutism/

NHK広島で福山講演会のニュース、動画見られます

投稿記事 by 富条 » 2017年10月15日(日曜日)16時51分

NHK広島のニュースが、10月14日(土曜日)に福山市で行なわれた「場面緘黙講演会」を報じました。
NHKホームページは、10月14日19時39分のニュースとして、動画つきで紹介しています。
動画は、1分30秒の内容です。
ニュースは、テレビ放送されたものと思われます。

なお、場面緘黙症Journalのアクセス解析を調べたところ、広島県からのアクセス数の増加は、10月14日も15日も、特に認められませんでした。

↓ NHKホームページへのリンクです。
”場面かん黙”への対応を学ぶ
http://www3.nhk.or.jp/hiroshima-news/20171014/4629621.html

↓ 講演会ホームページ。
場面緘黙講演会(福山) - Wix.com
https://kanmokufukuyama.wixsite.com/kouenkai

若倉純さんシングル『緘黙の歌声』Amazonで予約開始

投稿記事 by 富条 » 2017年10月13日(金曜日)21時48分

場面緘黙経験を持つ若倉純さんのシングルCD『緘黙の歌声』が、10月25日にリリースされます。
Amazonでは今日から予約が始まりました。
ジャケット写真も今日から出ています。

場面緘黙症Journal では、昨日からこのCDを「関連書籍」コーナー(音楽)で取り上げています。

CD は CIMS Music Entertainmentからの発売だそうです。
とすると、そのうち下記リンク先で、『歌声』のミュージックビデオが公開されるかもしれません。

CIMS MusicEntertainment - YouTube
https://www.youtube.com/user/junhalhalhal/videos

11月8日(水曜)筑波大で緘黙の講演

投稿記事 by 富条 » 2017年10月12日(木曜日)22時41分

11月8日(水曜日)に、筑波大学で「選択性(場面)緘黙の理解と支援」をテーマとした講演が開かれます。
詳しくは、下記ページをご覧ください。
参加対象者は問わないようですが、平日の昼間の開催ですね。

↓ 筑波大学ホームページへのリンクです。
http://www.tsukuba.ac.jp/event/e201710121045.html

筑波大学といえば、同大学の平成30年度入学案内に、緘黙のことがほんの少しだけ書かれてありました。
128ページ左下の「T-ACTの活動事例紹介」というところです。
ただし、この入学案内は176ページもあり、ファイルサイズも重いので、暇な方以外はご覧にならない方がいいです。

↓ その入学案内。PDFファイル。57.6MB。
http://web-pamphlet.jp/tsukuba/2018p/book.pdf

ページトップ