場面緘黙(かんもく)症。選択性緘黙。学校など特定の場面で話せません。


アプリ

緘黙支援に役立ちそうなアプリをご紹介します。

特に、緘黙支援のために開発されたアプリ

アプリのご紹介 解説

Lola's Words Disappeared
新しいウィンドウで開く

日本語非対応。iPad 対応。NEW!

海外の緘黙支援で活用されたことがあり、日本人にも使えそうそうなアプリ

アプリのご紹介 解説

おしゃべり猫のトム(iOS 用)
新しいウィンドウで開く

おしゃべり猫のトム(Android 用)
新しいウィンドウで開く

Amazon.co.jp、Talking Tom Cat Free
新しいウィンドウで開く

話しかけると、おかしな声で返してくれる猫のアプリ。ボイスチェンジャーと呼ばれるものです。国内外で人気のアプリらしいです。 緘黙児のために使っているという人の話を英語圏で複数(専門家)読んだことがあります。

Quick Voice Recorder(iOS 用)
新しいウィンドウで開く

ボイスレコーダーアプリです。緘黙児に対する行動療法の一環で用いられ、学位論文で発表されました。 予め声を録音しておき、教室で必要な場面で Bluetooth スピーカーを通じて再生することにより、間接的に言語的交流を行うという使い方でした(Breda, 2013)。 iOS 用製品。同じ名前のアプリが Google Play に出ていますが、よく分かりません。

Free Candle(iOS 用)
新しいウィンドウで開く

iPhone、iPad 上で、バーチャルな "ろうそく"に火をつけることができるアプリです。 マイクロフォンに息を吹きかけると、ろうそくの火が消えます。 同種のアプリは Android 端末用にも出ています。

これは場面緘黙症と社交不安障害を合併したある17歳の少女への行動療法の初期段階に使用され、学術発表されたことがあります。 最初は口を開けて、次いで息を吹きかけ、その後、発話へと細かい段階を踏んでゆきます。 アプリを活用することにより、ゲーム感覚で息を出すことができます(Bunnell and Beidel, 2013)。

SPL Meter(iOS 用)
新しいウィンドウで開く

SPL Meter(Android 用)
新しいウィンドウで開く

音量をデシベル単位で測ることのできる騒音計です。緘黙児の発話行動の形成を徐々に促す中で、活用されました (Bunnell and Beidel, 2013) 。


お断り

Amazon.co.jp へのリンクは、Amazon.co.jpアソシエイトを利用しています。

ご購入は皆様のご判断でお願いいたします。「ここの情報信じ、本買って損した!」と言われても私は知りません。

場面緘黙症Journal は、個人サイトです。管理者は専門家ではありません。

詳しくはこのサイトについてをご覧ください。