※ 1952年の『異常児』と1951年の『異常児』は、全く別の本です。前者は中脩三編、後者はジルベール・ロバン著。

※ 1940年に出たロバン『異常児』に緘黙に関する記載があるのを確認していますが、ここでご紹介している1951年の再版されたものについては未確認です。

(06/13/2015)

  • Amazon.co.jpアソシエイトを利用しています。
  • 「ここで紹介してある本を買って損した!」「ここの情報を信じて損した!」と言われても、私は知りません。購入は皆様のご判断でお願いいたします。