場面緘黙(かんもく)症。選択性緘黙。学校など特定の場面で話せません。


プライバシーポリシー

Cookie(クッキー)について

場面緘黙症Journal では Cookie と呼ばれる技術を利用しています。 これにより、ユーザーのコンピューターに情報を記録したり、コンピューターを識別したりすることができます。 Cookie は数多くのウェブサイトで利用されている業界標準の技術です。 ユーザーは、ブラウザの設定により Cookie を無効にすることができます。

場面緘黙症Journal では、以下の目的で Cookie を使用しています。

◇ アクセス解析

場面緘黙症Journal への一般的なアクセス傾向を調べるためにアクセス解析を行っていますが、 そのために Cookie を使用しています。 このアクセス解析から得られた情報を、場面緘黙症Journal 運営者はウェブサイトやメール等を通じて開示する場合があります (ただし、むやみな開示は控えています)。 アクセス解析で得られた情報は、忍者ツールと Google Analytics で保管されています。 この保管された情報は、管理者のメールアドレスとパスワードを入力しなければ、閲覧することはできません。

◇ 広告の配信(Google Adsense、Amazon アソシエイト)

Google Adsense の配信プロセスの中でデータを収集するために、Cookieを使用しています。 Google Adsense の Cookie に関しては別項で詳しく説明します。

また、Amazon アソシエイトプログラムでも Cookie を使用しており、 この Cookie で得られた情報は、Amazon.co.jp に自動的に送信されます。 しかし、これにより個別のユーザーの購入履歴が場面緘黙症Journal 運営者に漏れることはありません。

◇ ユーザーの利便性向上

Cookie を利用することにより、ブログのコメントや掲示板において、 例えば2度目以降の投稿の際に同じ内容を入力する手間を省くなど、 ユーザーの利便性の向上を図っています。

いずれの目的で Cookie を使用する場合も、 ユーザーの住所、氏名、電話番号といった個人情報が漏れることはありません。

Google Adsense の Cookie について

Google を含む第三者配信事業者は Cookie を使用して、場面緘黙症Journal への過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 Google Adsense 広告における Google 以外の配信事業者は、 以下のページ(外部サイト)で確認できます。

また、Google Adsense では DoubleClick Cookie を使用することにより、 Google や Google のパートナーは場面緘黙症Journal や他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告をユーザーに表示します。 DoubleClick Cookie は Google が使用する Cookie で、AdSense 広告を掲載するウェブサイトや、 Google 認定の広告ネットワークに参加するウェブサイトなど、Google パートナーのウェブサイトに掲載される広告に含まれます。 パートナーのウェブサイトにアクセスしたユーザーが広告を表示するかクリックすると、ユーザーのブラウザに Cookie が保存されます。

ユーザーはブラウザの設定によりCookie の使用を拒否することができるほか、 広告設定で、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます (aboutads.info ページでは、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者の Cookie を無効にできます)。

ウェブビーコンについて

場面緘黙症Journal では、情報収集の目的で小さな画像を使用する、ウェブビーコンと呼ばれる仕組みを利用しています。 ウェブビーコンは、アクセス解析や、Google Adsense の配信プロセスの中でデータを収集するために 活用されています。 これにより住所、氏名、電話番号といった個人情報が漏れることはありません。

ブログコメント欄、掲示板に記録された IP アドレスについて

場面緘黙症Journal のブログと掲示板は、コメントを投稿したユーザーの IPアドレスを記録しています。 裁判所や警察からの要請があるなどの特別の場合を除いては、第三者に公開することはありません。

掲示板の登録情報について

掲示板に登録された方の情報(ハンドルネーム、メールアドレス等)は、富重が管理しています。 このうち、特にメールアドレスは、掲示板の設定により管理者以外には公開されないことになっています。

掲示板登録ユーザーのメールアドレスは、本人の同意がある場合や、 裁判所や警察からの要請があるなどの特別の場合を除いては、第三者に公開することはありません。

掲示板の PM について

掲示板の登録ユーザーが使うことができる PM(プライベートメッセージ)の内容は、 掲示板管理者であっても見ることができない設定になっています。