緘黙関連ニュース

トピックに返信する


答えを正確にご入力ください。答えられるかどうかでスパムボットか否かを判定します。
スマイリー
:D :) ;) :( :o :shock: :? 8-) :lol: :x :P :oops: :cry: :evil: :twisted: :roll: :!: :?: :idea: :arrow: :| :mrgreen: :geek: :ugeek:

BBCode: ON
[img]: ON
[flash]: OFF
[url]: ON
スマイリー: ON

トピックのレビュー
   

展開ビュー トピックのレビュー: 緘黙関連ニュース

けいはんなサロン11月17日(土曜日)~

投稿記事 by 富条 » 2018年10月21日(日) 21時19分

「けいはんなサロン」の催しとして、「特別なニーズを持つ子どもへの支援を考える(1)-場面緘黙児の現状と研究・支援の課題-」が11月17日(土曜日)に京都府で予定されています。

また、12月以降にも予定があります。
詳しい情報と参加のお申し込みは以下のPDFファイルをご覧ください。
http://www3.kcn.ne.jp/~kvc/saloon220.pdf

↓ Googleカレンダーへのリンクです。
緘黙関連の予定bySMJ
https://calendar.google.com/calendar/embed?src=smjournal77%40yahoo.co.jp&color=%231B887A&ctz=Asia%2FTokyo

mananaさん緘黙ライブ&トークin新潟12月15日(土曜日)

投稿記事 by 富条 » 2018年10月21日(日) 21時11分

新潟市で12月15日(土曜日)に、mananaさんのライブ&トークイベントが開かれるそうです。
場面緘黙症がテーマだそうです。
詳しい情報は近日中に出るとのこと。
そのときにはまた、ここでお知らせします。

mananaさんは、緘黙の経験があるシンガーソングライター。

↓ 情報源。mananaさんのTwitterアカウントへのリンク。Twitterに登録されていない方でもご覧になれます。
https://twitter.com/mananaaco/status/1053936189118414848

↓ Googleカレンダーへのリンクです。
緘黙関連の予定bySMJ
https://calendar.google.com/calendar/embed?src=smjournal77%40yahoo.co.jp&color=%231B887A&ctz=Asia%2FTokyo

「かんもくフォーラム」HP開設

投稿記事 by 富条 » 2018年10月20日(土) 21時08分

2019年3月開催予定の「かんもくフォーラム」のホームページが開設されました。
テーマは「交流」で、緘黙に関わる活動を行なっている団体や個人のエントリーを募集しているそうです。

かんもくフォーラム信州上田
https://kanmokuforum20xx.wixsite.com/1903ueda

直木賞作家・桜庭一樹さんが緘黙だったと

投稿記事 by 富条 » 2018年10月14日(日) 17時51分

直木賞作家の桜庭一樹さんが、「子供のころ、場面緘黙(かんもく)症という症状で、しゃべれなかった」と書かれてあります。
『週刊文春』2018年10月18日号掲載の記事です。
この記事は、文春オンラインで読むことができます。

↓ 文春オンラインへのリンクです。
『ヴァンサンへの手紙』――桜庭一樹のシネマ桜吹雪
http://bunshun.jp/articles/-/9312

↓ この記事に追記しました。
場面緘黙症だった有名人
https://smjournal.blog.fc2.com/blog-entry-1051.html

モリナガアメさんLINEスタンプリリース&お話カード用の画像配布

投稿記事 by 富条 » 2018年10月10日(水) 22時06分

コミックエッセイ『かんもくって何なの!? しゃべれない日々を脱け出た私』でお馴染み、モリナガアメさんのLINEスタンプ「お話苦手な女の子とネコ君」がリリースされました。
また、話すことが難しい状況の方が使える、意思表示カードを作れる画像が配布されました。
詳しくは、モリナガアメさんのブログをご覧ください。

↓ モリナガアメさんのブログへのリンクです。
LINEスタンプリリース&お話カード用の画像配布
http://morinagaame.blog.jp/archives/26385525.html

お話苦手な女の子とネコ君 - LINE スタンプ | LINE STORE
https://store.line.me/stickershop/product/4910982/ja

The Straits Times(シンガポール)に2記事

投稿記事 by 富条 » 2018年10月07日(日) 21時33分

シンガポールの英字新聞 The Straits Times に10月7日、場面緘黙症の記事が2件掲載されました(電子版で確認)。
いずれの記事も、全文を読むには会員登録が必要です。
ですが、マレーシアの中国語新聞「中國報」のサイトでは、その記事を元にした記事を、誰でも読むことができます。

Silent in school for eight years
https://www.straitstimes.com/singapore/silent-in-school-for-eight-years

Increase in number of cases
https://www.straitstimes.com/singapore/health/increase-in-number-of-cases

被老师责骂1次 他在校哑了8年 | 中國報 China Press
http://www.chinapress.com.my/?p=1373616

英国で2019年3月に、最大3日間の講座

投稿記事 by 富条 » 2018年10月06日(土) 09時13分

イギリスで3月27日(水曜日)から29日(金曜日)までの3日間、場面緘黙症の講座が予定されています。
ただし、最初の1日間と2日間だけ予約することもできます。
日時は9時45分から16時15分まで、ほぼ丸一日です。
言語聴覚士のMaggie Johnson氏が講師で、同氏が著したThe selective mutism resource manualがテキストのようです。
会場のバーミンガムにある「thestudio...」は、こういう名前の会議場のようです。

参加費用は2日間で375ポンド(テキスト代込み)、3日間で499ポンドなど。
日本円にすると、それぞれ約5万6千円、7万4千円です。

Selective Mutism - Masterclass Level Training 2019 - Booking by Bookwhen
https://bookwhen.com/coursebeetle-cpd-masterclasses/e/ev-s4na-20190327000000

↓ 2018年9月に行なわれたこの催しと同様のものとみられます。
英国で9月に、最大3日間の講座
https://smjournal.com/bbs/viewtopic.php?f=17&t=33&p=1427#p1427

※ Googleカレンダー「海外の主な催し情報」
https://calendar.google.com/calendar/embed?src=e6gv4hre1mgjesq9r2flc7da9c%40group.calendar.google.com&ctz=Asia%2FTokyo


※ 海外の主な催し情報は、こちらでまとめています。特に大きな催しについては、この「緘黙関連ニュース」でもお伝えしています。
https://smjournal.com/bbs/viewtopic.php?f=17&t=82

若倉純さん、台灣選擇性緘默症協會Facebookページで紹介

投稿記事 by 富条 » 2018年10月03日(水) 21時51分

場面緘黙経験を持つシンガーソングライター、若倉純さんが、台灣選擇性緘默症協會のFacebookページで紹介されています。

このFacebook投稿では、若倉純さんの経歴や現在の活動が書かれてあります。
台湾に、日本のことをよくご存知の方がいらっしゃることに驚かされます。

↓ そのFacebook投稿へのリンクです。Facebookに登録されていない方でもご覧になれます。結構シェアされてますね。
https://www.facebook.com/SelectiveMutismTW/posts/318566475393699

英国で2019年2月に、3日間の講座

投稿記事 by 富条 » 2018年10月02日(火) 21時55分

イギリスで2019年2月に、場面緘黙症の3日間の講座が予定されています。
特に大きな催しですので、こちらでもご紹介します。

日時:2019年2月12日(火曜日)~14日(木曜日)9時30分~16時30分
場所:ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン チャンドラー・ハウス
講師:マギー・ジョンソン(Maggie Johnson)氏、アリソン・ウィンジェンズ(Alison Wintgens)氏
費用:Module1と4は160ポンド(約2万4千円)、Module2と3は80ポンド(約1万2千円)

講師の顔ぶれなどから推察するに、The Selective Mutism Resource Manual第2版をもとにした内容でしょうか。
参加費ですが、3日間続けて出ると、7万円を超える計算です。

同種の催しは、2018年4月にも行なわれています。
場所も講師も同じでした。

↓ その時の記事。
https://smjournal.com/bbs/viewtopic.php?f=17&t=33&p=1320#p1320

※ 以下のリンクは、今回の講座の詳細情報です。

Working with Selective Mutism: Foundation Course - Module 1
https://www.ucl.ac.uk/pals/study/continuing-professional-development/continuing-professional-development-cpd-course-programme-8

Working with Selective Mutism: Intermediate Course - Modules 2 & 3
https://www.ucl.ac.uk/pals/study/continuing-professional-development/continuing-professional-development-cpd-course-programme-9

Working with Selective Mutism: Extension Course - Module 4
https://www.ucl.ac.uk/pals/study/cpd/cpd-courses/prog_info/selective_mutism_module_4

※ 海外の主な催し情報は、こちらでまとめています。
https://smjournal.com/bbs/viewtopic.php?f=17&t=82

『障害科学研究』の文献3件がダウンロード可

投稿記事 by 富条 » 2018年10月01日(月) 21時47分

次の研究が、今日よりPDF形式でダウンロード可能となっています。
リンク先よりご覧ください。

趙成河・園山繁樹 (2018).〈展望〉選択性緘黙の有病率に関する文献的検討. 障害科学研究, 42, 227-236. http://hdl.handle.net/2241/00151830

[追記(2018年10月2日)]

次の文献もそうでした。追記します。

岩本佳世・高橋甲介 (2018). 選択性緘黙を示す自閉スペクトラム症児童における通常学級での発話支援 : 刺激フェイディング法を用いた指導効果. 障害科学研究, 42, 43-53.
http://hdl.handle.net/2241/00151814

奥村真衣子・園山繁樹 (2018). 選択性緘黙のある児童生徒の学校場面における困難状況の理解や教師やクラスメイトに求める対応 : 経験者への質問紙調査から. 障害科学研究, 42, 91-103.
http://hdl.handle.net/2241/00151818

ページトップ