緘黙関連ニュース

アバター
富条
管理人
記事: 1270
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

フィンランド国営放送Yleisradioホームページに、緘黙の記事

投稿記事by 富条 » 2017年12月20日(水) 06時52分

フィンランド国営放送 Yleisradio のホームページで6月9日と5月21日、場面緘黙症の記事が掲載されました。
(少し古い話題ですみません)
この記事には Facebook のいいね(でしょうか?)がそれぞれ4,000件以上と6,000件以上もついており、反響の大きさが窺えます。
ただし、Yleisradio がテレビやラジオで緘黙を扱ったかどうかについてまでは、分かりません。



↓ 6月9日の記事。機械翻訳で英訳して読んだところ、どうやら緘黙経験者がpresident of the Student Unionになったことが書かれている記事のようです。これは、生徒会長になったという意味?ちょっとよく分かりません。
Santeri oli 10 vuotta puhumatta koulussa – sitten hänestä tuli opiskelijakunnan puheenjohtaja
https://yle.fi/uutiset/3-9658562

↓ 5月21日の記事。緘黙についてオーソドックスにまとめていると思います。
Sinä keväänä Markus, 4, lakkasi puhumasta – nyt hän on 11-vuotias poika, joka ei ole sanonut koulussa koskaan mitään
https://yle.fi/uutiset/3-9624636



フィンランド語では、緘黙を selektiivinen mutismi と呼びます。
緘黙を専門としたフィンランド語の本格的なホームページはないようですが、Facebook には900人近いメンバーが参加する非公開グループが存在します。

↓ その Facebook グループ。
selektiivinen mutismi
https://www.facebook.com/groups/198975305336/
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1270
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

海外の緘黙動画、監督が「かんもくの声」にメッセージ

投稿記事by 富条 » 2017年12月24日(日) 20時43分

先日ご紹介した海外の場面緘黙症の動画ですが、動画を作られた Fabio Pannettoさんが、「かんもくの声」さんにメッセージを送られたそうです。
動画は、少年が緘黙の妹のために、サンタクロースへ手紙を送るものでした。

メッセージは、Fabio Pannettoさんからの、日本の緘黙児に向けたクリスマスプレゼントですね。
もっとも、私がクリスマスイブに先んじてブログで取り上げてしまったので、プレゼントとしての喜びは半減してしまいましたが……。 :oops:

この動画、報道などから啓発動画だと思っていました。(ブログでもそうご紹介しました)
ですが、確かに緘黙の子どもに向けたメッセージが込められていると見ることができますね。

↓ そのメッセージ。かんもくの声さんの Facebook ページへのリンクです。Facebook に登録されていない方でもご覧になれます。
https://ja-jp.facebook.com/kanmokunokoe/posts/1397375963740858

↓ その動画です。英語版。
https://youtu.be/hrjmqNStFwE
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1270
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

NHKバリバラで、吃音や緘黙が2週連続放送か(1月21日と28日)

投稿記事by 富条 » 2017年12月24日(日) 20時47分

NHKの障害者情報バラエティー番組「バリバラ」で、吃音や場面緘黙症が2週連続で取り上げられるようです。
放送日は、1月21日と28日(日曜日)。19時00分からです。
また、再放送が、1月19日と26日(金曜日)0時に再放送が行われるものと予想されます。

1月21日:「どきどきコテージ」 前編 ~ぎこちない出会いの巻~
1月28日:「どきどきコテージ」 後編 ~本当は伝えたいの巻~

↓ 番組ホームページへのリンクです。
NHK バリバラ | 放送予定
http://www6.nhk.or.jp/baribara/next/

↓ ブログでも取り上げています。
NHKバリバラで、吃音や緘黙が2週連続取り上げられそう
https://smjournal.blog.fc2.com/blog-entry-1204.html
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1270
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

緘黙の高校生が主人公のケータイ小説、2月書籍化決定

投稿記事by 富条 » 2017年12月25日(月) 21時55分

ケータイ小説サイト「野いちご」に掲載されている、場面緘黙症の高校生が主人公の作品『春が来たら、桜の花びら降らせてね』が、書籍化されることが決まりました。
作者は涙鳴さん。野いちご文庫より、2月刊だそうです。
以前、この掲示板でお話したことがある小説です。
詳しいことが分かり次第、またこのサイトでお伝えします。

↓ 書籍化について。涙鳴さんの Twitter 投稿へのリンク。Twitter に登録されていない方でもご覧になれます。
https://twitter.com/ruinanostory/status/945226314566352897

↓ 野いちご文庫、今後の発売予定。
https://www.no-ichigo.jp/bookstore/schedule#noichigo_bunko
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1270
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

日本と台湾出身の当事者によるFacebookページ

投稿記事by 富条 » 2017年12月31日(日) 09時22分

日本と台湾出身の当事者が共同で運営する Facebookページが、9月に開設されています。

中国語や英語が中心で、日本語はほとんどありませんが、興味深い内容だと思いました。
今日投稿された special needs の記事とか。
台灣選擇性緘默症協會理事長の Anita Huang(黃晶晶)さんがコメントされていますね。

※ Facebook に登録されていない方でもご覧になれます。

Dear Ayaha, Dear Rochelle selective mutism 選擇性緘默 場面緘默症
https://www.facebook.com/dearayahadearrochelle/
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1270
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

緘黙経験の歌『歌声』カラオケ配信始まる

投稿記事by 富条 » 2018年1月01日(月) 08時49分

場面緘黙症の経験を歌った『歌声』のカラオケ配信が始まったそうです。

『歌声』は、シンガーソングライターの若倉純さんの曲です。
この曲をメインとするシングルCDが、2017年10月25日に発売されています。

↓ 詳しくはこちら。若倉純さんのブログへのリンクです。
「歌声」カラオケ配信開始(JOYSOUND うたスキ)
https://ameblo.jp/wakakurajun/entry-12340627814.html
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1270
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

草笛光子さん「子どもの頃、家族としか話せなかった」

投稿記事by 富条 » 2018年1月03日(水) 09時09分

場面緘黙症と関係があるかどうか分からないのですが、気になった記事を見つけたのでご報告します。

『日本経済新聞』の名物コラム「私の履歴書」で、今月から草笛光子さんの連載が始まりました。
その1月3日(水曜日)掲載分(第2回)が「祖父母に囲まれ育つ 家族以外と話すのが苦手に」と題するものでした。

幼稚園に入っても、おばあちゃんに付き添ってもらわないと園まで行けない。おばあちゃんが帰ってしまうと、先生に「冨田さん」と名前を呼ばれても返事ができず下を向いてしまう。隣にいた子が見かねて「冨田さん、います」と代わりに答えてくれたこともあった。

など、緘黙かどうかは分かりませんが、幼少期はかなり人見知りが激しかった様子が書かれています。
こうした傾向は、小学校に入っても変わらなかったそうです。

調べたところ、草笛光子さんへのこんなインタビュー記事も見つけました。吉永みち子さんという方が執筆した、WEDGE Infinity というサイトの記事です(2015年5月5日)。

「私ね、子どもの頃、人とかかわるのが辛くてね。とにかく家族としか話せないし、笑えないし、心を許せなかった」

 神奈川県立横浜第一高等女学校(現神奈川県立横浜平沼高校)時代は通学のためのひと駅の電車にも心臓がドキドキして乗れず、4キロの道のりを歩いて通ったという。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4849?page=3

草笛光子さんといえば、 日本ミュージカル界の草分け的存在。
その方が、そんなに人見知りが激しかったとは、事実だとしたら驚きです。 :o

連載中の「私の履歴書」は、明日は、学童疎開で初めて家族と離れて生活するお話。
楽しみです。
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1270
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

ブラジル:パラナ州議会が表彰

投稿記事by 富条 » 2018年1月08日(月) 22時02分

ポルトガル語を機械翻訳で読んだのでよく分からないのですが、ブラジルのパラナ州議会が、緘黙に関わる方を表彰したようです。
パラナ州議会は、2014年に場面緘黙症の啓発デーを制定しています。

↓ Facebook ページ "Mutismo Seletivo" へのリンク。Facebook に登録されていない方でもご覧になれます。
https://www.facebook.com/mutismoseletivo2013/posts/1008136476010622

↓ 先月私が書いたブログの記事です。
「緘黙啓発デー」制定の動き、ブラジル自治体で静かに広がる
https://smjournal.blog.fc2.com/blog-entry-1203.html
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1270
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

NHK「おはよう日本」が緘黙を取り上げる(1月10日)

投稿記事by 富条 » 2018年1月10日(水) 07時14分

1月10日(水曜日)のNHK総合「おはよう日本」で、場面緘黙症が取り上げられたようです。
「Yahoo!リアルタイム検索」では現在、「場面かん黙」がトレンドとしてトップ20にランク入りしています。

「JCCテレビすべて」というサイトによると、どうやら富山のリポート「富山・『場面かん黙』に理解を」が伝えられたようです。
場面緘黙症Journalブログの公開アクセス解析でも、放送があったと思われる時間帯にアクセス数が跳ね上がっています。
また、これとは別のアクセス解析の結果から推測して、今回の放送は全国の広い範囲で流れた可能性があります。

↓ 「JCCテレビすべて」へのリンクです。
https://jcc.jp/news/13052720/

↓ 場面緘黙症Journal ブログの公開アクセス解析。GMT+9が日本時間。
http://s11.flagcounter.com/today/lHkV/
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1270
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

海外研究:Fluoxetine

投稿記事by 富条 » 2018年1月11日(木) 21時56分

Barterian, J.A., Sanchez, J.M., Magen, J., Siroky, A.K., Mash, B.L., & carlson, J.S. (2018). An examination of fluoxetine for the treatment of selective mutism using a nonconcurrent multiple-baseline single-case design across 5 cases. Journal of Psychiatric Practice, 24(1), 2-14.
http://journals.lww.com/practicalpsychiatry/Abstract/2018/01000/An_Examination_of_Fluoxetine_for_the_Treatment_of.2.aspx
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: Bing [Bot] & ゲスト[1人]