ページ 132134

HUFFPOST(米)ほか

Posted: 2019年10月24日(木曜日) 07時33分
by 富条
場面緘黙症の経験者の英文記事が、いくつかのメディアで掲載されています。
ぱっと見たところでは、アメリカのHUFFPOST、コロンビアのTodayHeadlineに掲載されていました。

ニューヨークで働いていらっしゃる方ですが、緘黙時代は日本出身の友達(英語が喋れない)がいたそうです。:shock:
後に来日して、1年間英語を教えたこともおありだそうです。

↓ その記事です。
I Wasn’t A Shy Kid, I Had Selective Mutism. This Is What It Was Like.
https://todayheadline.co/2019/10/19/i-w ... -was-like/
https://todayheadline.co/2019/10/19/i-w ... -was-like/

※ 10月20日に投稿した記事ですが、投稿先を間違っていましたので、再投稿しました。

海外研究:親と教師の、緘黙児への認識を比較

Posted: 2019年10月24日(木曜日) 07時34分
by 富条
Klein, R.L., Ruiz, E.C., Morales,K., & Stanley, P. (2019). Variations in parent and teacher ratings of internalizing, externalizing, adaptive skills, and behavioral symptoms in children with selective mutism. International Journal of Environmental Research and Public Health, 16(21), 4070.

↓ DOIリンクが機能していないので、こちらにリンクしました。オープンアクセスで、全文読めます。
https://www.mdpi.com/1660-4601/16/21/4070

学生を対象とした研究賞(米)の受賞者

Posted: 2019年10月25日(金曜日) 21時25分
by 富条
以前お話したように、アメリカで、学生を対象とした場面緘黙症研究への賞が2つ創設されました。
受賞者は、10月12日(土曜日)と13日(日曜日)にラスベガスで開かれた Selective Mutism Association の年次総会の中で発表されたようです。
受賞者は次のお二人です。

Natalie Hong さん(Thomas J Kehle Award受賞)
Ellen Shumka さん (Selective Mutism Association Outstanding Research Award)

↓ 情報源とお二人の写真。どんな研究だったのか気になります。 :)
https://www.facebook.com/permalink.php? ... 2957999577

[関連記事]

学生を対象とした、緘黙研究の賞ができる(米)
https://smjournal.blog.fc2.com/blog-entry-1362.html

※ 10月20日に投稿した記事ですが、投稿先を間違っていましたので、再投稿しました。

香港で3ヶ月間のチャリティイベント

Posted: 2019年10月25日(金曜日) 21時47分
by 富条
「百利好集团」という企業と「香港童协儿童发展中心」が、場面緘黙症支援のための3ヶ月間のチャリティイベント「陪我讲」を共同で開催したそうです。
現地のメディアが報じています。

プログラムの内容は、日本でいうと、京都西山短大のワークショップに近いようにも私には読み取れました。

記事の内容は、Google翻訳で日本語に訳すと読みやすいので、そのリンクを貼っておきます。

https://translate.google.com/translate? ... F3738.html

「アジアでは『選択的無言症』に対する認識が低い」という一文は、ちょっと新鮮でした。
アジアという広い視野で、緘黙への理解が進んでいないことを指摘しています。

※ 上の日本語訳記事で登場する「選択的無言症」という訳語は「場面緘黙症」と同じことです。

海外研究:緘黙児の不安-メタアナリシス(読めます)

Posted: 2019年10月29日(火曜日) 21時40分
by 富条
Driessen, J., Blom, J.D., Muris, P., Blashfield, K.R., Molendijk, L.M. (2019). Anxiety in children with selective mutism: A meta-analysis. Child Psychiatry & Human Development. Advanced online publication.

↓ オープンアクセスですので、リンク先から読むことができます。
https://doi.org/10.1007/s10578-019-00933-1

新潟mananaさんイベント延期開催

Posted: 2019年11月02日(土曜日) 22時07分
by 富条
台風の影響で中止となったmananaさんの弾き語り&ミニトークイベント「場面緘黙ってなんだろう?」が、2020年1月に開催されることが決まりました。

詳しくは、mananaさんのブログをご覧ください。

↓ mananaさんのブログへのリンクです。
来年1/18(土)新潟★場面緘黙イベント★延期開催決定!!!
https://ameblo.jp/mananaaco/entry-12541608111.html

若倉純さん「やさしい場所」MV公開

Posted: 2019年11月03日(日曜日) 07時10分
by 富条
場面緘黙を経験したシンガーソングライター 若倉純さんの曲「やさしい場所」のミュージックビデオが公開されました。

↓ その動画です。
【若倉純】やさしい場所【Music Video】
https://www.youtube.com/watch?v=38yelNb6vuk

「日本における場面緘黙児への支援に関する検討:2001~2015年の論文を対象として」

Posted: 2019年11月03日(日曜日) 18時34分
by 富条
水野雅之・関口雄一・臼倉瞳 (2018). 日本における場面緘黙児への支援に関する検討: 2001~2015年の論文を対象として. カウンセリング研究, 51(2), 125-134.

昨年刊行されたものなので、今更という感がありますが……。 :|

↓ 情報源の一つ。ここでは引用文献が確認できます。J-GLOBALへのリンク。
https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBA ... 7893348377

BLOGOS

Posted: 2019年11月05日(火曜日) 20時57分
by 富条
ニュースサイト「BLOGOS」に、こんな記事が掲載されています。

コミュニケーションが苦手な場面緘黙症と自己診断 友人との距離もつかめない 背景にはいじめや家族不和〜生きづらさを感じる人々31
https://blogos.com/article/415394/

鳥取で講演会

Posted: 2019年11月06日(水曜日) 20時57分
by 富条
鳥取で、講演会「場面緘黙(かんもく)と発達障がい~ライフステージを通した理解と対応~ 」が開催されます。
鳥取県の取組として、鳥取県民の方が対象です。

詳しくは、下記のページをご覧ください。

↓ 鳥取県公式サイト内、「エール」発達障がい者支援センターのページへのリンクです。
https://www.pref.tottori.lg.jp/288127.htm