ページ 96108

台灣選擇性緘默症協會が、日本の緘黙啓発月間の投稿をシェア

Posted: 2018年5月05日(土) 21時53分
by 富条
Facebookの話ですが、台灣選擇性緘默症協會が、かんもくネットの投稿をシェアしています。
シェアしたのは、場面緘黙症啓発月間の投稿です。

↓ 台灣選擇性緘默症協會の Facebookページへのリンクです。Facebookに登録されていない方でもご覧になれます。
https://www.facebook.com/SelectiveMutismTW/posts/225752898008391

札幌学院大学で講座(申込期間終了)

Posted: 2018年5月06日(日) 08時55分
by 富条
講座「特別支援教育実践構築の一視角-場面緘黙症や愛着障害性を抱える当事者から学ぶ」

札幌学院大学 社会連携センター主催 コミュニティカレッジの講座です(2018年度)。
8月9日(木曜)開催予定。

申込期間は既に終了しています。
気付くのが遅かったです。 :(

↓ 講座情報。札幌学院大学ホームページへのリンク。
http://www.sgu.ac.jp/rcc/program/ippan-8.htm

Re: 日本と台湾出身の当事者によるFacebookページ

Posted: 2018年5月06日(日) 11時50分
by hozumi
富条 さんが書きました:日本と台湾出身の当事者が共同で運営する Facebookページが、9月に開設されています。

中国語や英語が中心で、日本語はほとんどありませんが、興味深い内容だと思いました。
今日投稿された special needs の記事とか。
台灣選擇性緘默症協會理事長の Anita Huang(黃晶晶)さんがコメントされていますね。

※ Facebook に登録されていない方でもご覧になれます。

Dear Ayaha, Dear Rochelle selective mutism 選擇性緘默 場面緘默症
https://www.facebook.com/dearayahadearrochelle/


サイトを運営している日本人の当事者です。先ほど偶然こちらで紹介して頂いていたことを知りました。本当にありがとうございます。
これから少しずつ日本語でも発信していけたらと思いますので、もしよろしければまたご覧になって頂けると嬉しいです!

コメントありがとうございます!

Posted: 2018年5月07日(月) 22時29分
by 富条
富条 さんが書きました:日本と台湾出身の当事者が共同で運営する Facebookページが、9月に開設されています。

中国語や英語が中心で、日本語はほとんどありませんが、興味深い内容だと思いました。
今日投稿された special needs の記事とか。
台灣選擇性緘默症協會理事長の Anita Huang(黃晶晶)さんがコメントされていますね。

※ Facebook に登録されていない方でもご覧になれます。

Dear Ayaha, Dear Rochelle selective mutism 選擇性緘默 場面緘默症
https://www.facebook.com/dearayahadearrochelle/


サイトを運営している日本人の当事者です。先ほど偶然こちらで紹介して頂いていたことを知りました。本当にありがとうございます。
これから少しずつ日本語でも発信していけたらと思いますので、もしよろしければまたご覧になって頂けると嬉しいです!

お返事が遅れて、すみません。
コメントいただけて、嬉しいです!
Facebookページの題名の一部が「場面緘黙症」と日本語だったので、気になって拝見したのでした。

私はFacebookに参加していないので、Facebook上での関わりはできないのですが、楽しみに読ませていただいています!

海外研究:自閉症スペクトラムと緘黙(全文読めます)

Posted: 2018年5月07日(月) 22時35分
by 富条
Steffenburg, H., Steffenburg, S., Gillberg, C., & Billstedt, E. (2018). Children with autism spectrum disorders and selective mutism. Neuropsychiatric Disease and Treatment, 14, 1163—1169.
https://doi.org/10.2147/NDT.S154966

スウェーデンの研究です。
まだ少ししか読んでいないのですが、Early Symptomatic Syndromes Eliciting Neurodevelopmental Clinical Examinations という用語が登場していますね。

若者向け大学情報サイト「夢ナビ」

Posted: 2018年5月08日(火) 06時53分
by 富条
大学の学問を伝える若者向けサイト「夢ナビ」で、場面緘黙症が取り上げられました。
「興味が湧いて来たら、この学問が向いているかも! 特別支援教育、臨床心理学」とのことです。
長野大学の高木潤野准教授によるもので、ミニ動画もあります。

学校で声が出せなくなってしまう不安障害、「場面緘黙」の子どもたち
http://yumenavi.info/lecture.aspx?GNKCD=g009111&OraSeq=93&ProId=WNA002&SerKbn=26&SearchMod=6&Page=1

『北海道新聞』オホーツク面に掲載されました(5月8日)

Posted: 2018年5月09日(水) 06時30分
by 富条
『北海道新聞』オホーツク面で5月8日(火曜日)、場面緘黙症の記事が掲載されました。

↓ 「オホーツクかん黙の理解を広める会」のブログへのリンクです。記事が掲載されています。
北海道新聞に取材を受けた場面緘黙の記事が掲載されました!
https://ameblo.jp/ohokanmoku/entry-12374530562.html

『朝日新聞』どうしました(5月9日朝刊)

Posted: 2018年5月09日(水) 07時55分
by 富条
『朝日新聞』の「どうしました」というコーナーで、場面緘黙症が取り上げられたそうです。
確認したところ、東京朝刊版や、私の地元でも掲載されていました。
この記事は、『朝日新聞』ウェブサイト「朝日新聞デジタル」でも読むことができます。

↓ 朝日新聞デジタルへのリンクです。
朝日新聞デジタル「家族以外と話さない女の子 過度に不安視せず」(2018年5月9日)
https://www.asahi.com/articles/ASL585H7FL58UBQU019.html

↓ ブログでも取り上げました。
『朝日新聞』5月9日朝刊に緘黙の記事
https://smjournal.blog.fc2.com/blog-entry-1253.html

※ 内容を編集しました(2018年5月9日21時38分)。
※ リンクに関する表記を修正しました(2018年5月10日21時7分)

共同通信が「場面緘黙バー」の記事を配信

Posted: 2018年5月12日(土) 21時52分
by 富条
共同通信社が5月12日(土曜日)、「場面緘黙バー」の記事を配信しました。
この記事は、各種ニュースサイトに掲載されています。

明日の新聞紙面に掲載されても不思議ではないと思います。

↓ その記事。共同通信社ホームページへのリンクです。
公での発言困難「知って」場面緘黙バー、当事者主催
https://this.kiji.is/367978592262440033?c=39550187727945729

[追記(2018年5月13日)]

ブログでも取り上げました。

共同通信が「場面緘黙バー」の記事を配信
https://smjournal.blog.fc2.com/blog-entry-1254.html

海外の啓発動画が、映画祭の最終選考に?

Posted: 2018年5月17日(木) 21時47分
by 富条
サンタクロースが声をプレゼントするという場面緘黙症の啓発動画を、2017年末に場面緘黙症Journalでご紹介しました。

その動画が、イタリアの「オルティーガ・フィルム・フェスティバル」(OFF)の最終選考に残ったようです?
動画を制作されたのは、イタリアの方たちでした。
この作品は、2018年9月15日に、第10回OFFで上映されるようです。

ただ、私はイタリア語が読めず、英語に機械翻訳して読んでいるので、ちょっと自信がありません。

↓ その動画です。英語版。
A VOICE FOR MY SISTER
https://www.youtube.com/watch?v=hrjmqNStFwE

↓ 動画をご紹介した記事。
この緘黙啓発動画はすごい!監督は緘黙児の父(海外)
https://smjournal.blog.fc2.com/blog-entry-1201.html

↓ 動画とOFFについての情報。
CORT'ON LINE III - Vince "Una Voce per Mia Sorella" - CinemaItaliano.info
https://www.cinemaitaliano.info/news/46734/cort-on-line-iii-vince-una-voce-per-mia-sorella.html

↓ OFFのFacebookページ。Facebookに登録していない方でもご覧になれます。
Ortigia Film Festival
https://www.facebook.com/OrtigiaFilmFestival/