緘黙関連ニュース

アバター
富条
管理人
記事: 1168
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

自助グループ「言の葉の会」ホームページ

投稿記事by 富条 » 2018年5月18日(金) 06時46分

かんもく自助グループ「言の葉の会」という会のホームページが公開されています。
主にLINEグループで繋がっている会で、メンバーの数は81人に上るそうです。

なお、入会は皆様のご判断でお願いします。

↓ そのホームページです。LINEとは無関係にご覧いただけます。
かんもく自助グループ「言の葉の会」ホームページ
https://selective-mutism.jimdo.com/

[追記(2018年5月19日)]

↓ ブログでも取り上げています。
かんもく自助グループ「言の葉の会」
https://smjournal.blog.fc2.com/blog-entry-1257.html
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1168
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

「かんもくアコースティックライブ」2019年春開催予定

投稿記事by 富条 » 2018年5月19日(土) 21時29分

毎年10月開催の「かんもくアコースティックライブ」ですが、次回は2019年春の予定だそうです。
ということは、平成の終わりか、新元号の最初ぐらいの時期になりそうですね。 :P

↓ その情報源。公式Twitterへのリンクです。Twitterに登録していない方でもご覧になれます。
https://twitter.com/kanmokulive/status/997777680383721473

↓ 昨年のライブです。
かんもくアコースティックライブ2017
https://kanmokulive.jimdo.com/
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1168
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

行動療法の一例10数ページ

投稿記事by 富条 » 2018年5月20日(日) 08時15分

山中佳軌, 矢吹理恵, 堀内佑樹, 陳内彩音, 金澤潤一郎. (2018). 行動療法的アプローチを用いた選択性緘黙症状がみられる児童に対する関わりの一例―SMQ‐Rによる介入効果の検討―. 北海道医療大学心理科学部心理臨床・発達支援センター研究. 13(1), 26‐38.

「SMQ‐R」は、場面緘黙質問紙(Selective Mutism Questionnaire)のことです。
R. Bergman 氏らが作成したもので、緘黙の程度を把握できます。
その日本版が、学苑社から出ている『先生とできる場面緘黙の子どもの支援』という本に掲載されています。

↓ J-GLOBAL へのリンク。書誌情報です。本文は読めません。
https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201802256418899465

↓ SMQ-Rについて。ここでは「場面緘黙質問票」と訳されています。かんもくネットホームページへのリンクです。
SMQ-R (場面緘黙質問票)について
http://kanmoku.org/news/News201110.html
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1168
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

「子供療養支援士の支援を受けた場面緘黙症患児の歯科適応への取り組みの一例」本文読めます

投稿記事by 富条 » 2018年5月20日(日) 08時28分

種市梨紗, 大島昇平, 八若保孝. (2017). 子供療養支援士の支援を受けた場面緘黙症患児の歯科適応への取り組みの一例. 小児歯科学雑誌. 55(2), 195.

↓ 「J-STAGE」へのリンク。本文読めます。PDFの195ページをご覧ください。
https://doi.org/10.11411/jspd.55.2_95

第55回日本小児歯科科学会大会の、ポスター発表と思われます。
歯科診療と緘黙についての文献は、時々目にすることがあります。
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1168
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

香港で5日間の集中プログラム

投稿記事by 富条 » 2018年5月20日(日) 21時59分

香港の Central Health Child Department という施設が、Confident Crew と題する、場面緘黙症や社交不安症の子どものための5日間の集中プログラムを行ないます。

公式ページによると、このプログラムは Melissa Ortega氏により行なわれるそうです。
この方は Central Health Child Department の所属で、ニューヨークの Child Mind Institute ご出身です。

緘黙児を対象としたプログラムは Child Mind Institute に始まり、アメリカで広まっています。
また、アメリカ国外にも、影響が一部及んでいます。

↓ そのプログラムについて。英語ページ。
https://www.cdt.com.hk/upcoming-event/confident-crew-back-school-5-day-intensive-program/

※ 2018年5月21日、若干内容を書き改めました。
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1168
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

『読売新聞』朝刊に緘黙(5月21日)

投稿記事by 富条 » 2018年5月21日(月) 21時58分

2018年5月21日(月曜日)の『読売新聞』朝刊「くらし面」で、場面緘黙症を主題とした記事が掲載されました。
少なくとも私の地元の版では掲載されていますが、全国的な掲載状況は知りません。
「医療ルネサンス」の記事ですので、全国的に掲載されているのではとは思うのですが。

この記事は、読売新聞の医療・介護・健康サイト「ヨミドクター」にも掲載されています。

↓ ヨミドクターへのリンクです。全文を読むには会員登録が必要です。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180521-OYTET50015/

↓ ブログでも取り上げました。
『読売新聞』朝刊に緘黙の記事
https://smjournal.blog.fc2.com/blog-entry-1258.html

※ 「医療ルネッサンス」ではなく「医療ルネサンス」でした。お詫びして修正致します。
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1168
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

島根県立大で、緘黙の講義5コマ

投稿記事by 富条 » 2018年5月23日(水) 22時41分

島根県立大学で開講予定の「情緒障害児教育総論」において、場面緘黙症が5回にわたって講義されることが分かりました。

また、「幼児理解の理論と方法」という演習では、第13回が丸ごと緘黙の回であることが分かりました。

なお、講義1回分は90分です。

↓ 情報源。121ページと217ページをご覧ください。PDFファイル3.34MB。
平成30年度入学生 授業計画書 保育教育学科
http://matsuec.u-shimane.ac.jp/department/ningenbunka/hoikukyouiku/05silabus/index.data/2018-hoikukyouiku-syllabus.pdf

↓ ブログでも取り上げています。
島根県立大「情緒障害児総論」で、緘黙の講義5コマ
https://smjournal.blog.fc2.com/blog-entry-1259.html
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1168
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

『産経新聞』大阪府版に掲載か(5月24日)

投稿記事by 富条 » 2018年5月23日(水) 22時55分

5月24日(木曜日)の『産経新聞』大阪府版に、場面緘黙症啓発月間の時のイベントの記事が掲載されるという情報があります。

↓ 情報源。Twitterへのリンクです。Twitterに登録されていない方でもご覧になれます。
https://twitter.com/kinkihattatu/status/999270006666940416

あと、この情報も気になります。
もしや、『毎日新聞』5月22日(水曜日)夕刊に掲載されたのでしょうか?
https://twitter.com/kinkihattatu/status/999225362595823616
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1168
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

『障害科学研究』に、緘黙少なくとも2件

投稿記事by 富条 » 2018年5月26日(土) 17時42分

障害科学学会の機関紙『障害科学研究』に、場面緘黙症の論文が少なくとも2件掲載されたようです。
いずれ「つくばリポジトリ」で一般公開されるのではないかと思います。

◇ 奥村真衣子, 園山繁樹 (2018). 選択性緘黙のある児童生徒の学校場面における困難状況の理解と教師やクラスメイトに求められる対応―経験者への質問紙調査から―. 障害科学研究, 42, 91-103.

◇ 趙成河, 園山繁樹 (2018). 選択性緘黙の有病率に関する文献的検討. 障害科学研究, 42, 227-236.

↓ 情報源。園山繁樹筑波大教授の研究者情報。「論文」の項をご覧ください。researchmap へのリンクです。
https://researchmap.jp/read0212981/?lang=japanese
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1168
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

『子どもの心とからだ』に、緘黙2件

投稿記事by 富条 » 2018年5月26日(土) 17時52分

日本小児心身医学会の学会誌『子どもの心とからだ』に、場面緘黙症に関するものが2件掲載されたようです。

◇ 金原洋治 (2018). 開業小児科医を受診した選択性緘黙の臨床像と短期予後の検討. 子どもの心とからだ. 27(1), 54‐58.

◇ 板倉文子, 大野貴子 (2018). 選択性緘黙に対し、個別療育で積極的に話すことを促した2例. 子どもの心とからだ. 27(1), 106.

下の1件は、第25回日本小児心身医学会中国四国地方会の抄録のようです。

↓ 書誌情報。J-GLOBALへのリンクです。
https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201802225627705346
https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201802215346839183

↓ 雑誌情報。日本小児心身医学会ホームページへのリンクです。
http://www.jisinsin.jp/jornal/17-21.html
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[2人]