緘黙関連ニュース

アバター
富条
管理人
記事: 1275
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

台湾で緘黙の動画が240万回超再生、しかし…

投稿記事by 富条 » 2018年6月09日(土) 21時23分

台湾の生命保険会社とみられる会社「台灣人壽」が、5月31日に場面緘黙症の実話をもとにした動画を公開しました。
「形象廣告」とのことから、イメージ広告動画ではないかと思われます。

この動画は、驚異的な再生回数を記録しています。
YouTube に公開された動画の完全版は、現在240万回を超える再生回数を記録しています。
この他、Facebookに投稿されたものが30万回以上の再生回数を記録しています。

ですが、この動画は緘黙への誤解を招くものだったようです。
台灣選擇性緘默症協會がこれについてコメントするなどしています。

↓ 問題の動画です。YouTubeに投稿されたもの。1分51秒頃に緘黙の概説が入ります。
[第三個願望] 台灣人壽2018年度鉅獻|官方完整版
https://www.youtube.com/watch?v=5g7wZpZ9AXI

↓ Facebookに投稿された動画。
https://www.facebook.com/IlikeTWlife/videos/vb.228519200496056/2081998845148073/

↓ 台灣選擇性緘默症協會によるコメントの一つ。
https://www.facebook.com/SelectiveMutismTW/posts/235352370381777

※ リンク先の Facebookページは、Facebook に登録されていない方でもご覧になれます。

[追記(2018年6月10日)]

ブログでも取り上げました。テレビコマーシャル版などもあるのですが、そちらは緘黙については触れられていないようです。
https://smjournal.blog.fc2.com/blog-entry-1264.html
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1275
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

ICD-11新病名案についての続報

投稿記事by 富条 » 2018年6月10日(日) 08時03分

まず、ICD-11の新病名の草案に「場面緘黙」が採用された理由と背景について、日本不安症学会が公式ホームページで解説を行なっています。

↓ そのページ。「場面緘黙」を支持する立場から書かれてあります。
http://jpsad.jp/information/ICD-11.php

また、「場面緘黙」を採用するよう要望書を出したとされる「場面緘黙関連団体連合会」について、群馬ニーズ教育研究会のブログが情報を出しています。
このブログは、群馬医療福祉大学の久田信行教授が運営するもので、連合会のメールアドレスから判断して、連合会の関係者による記事と思われます。

↓ そのブログ。
http://tsk.psychoreha.org/?eid=996628

[追記(2018年6月1日8時33分)]

かんもくネットも、Facebookページで連合会について言及しています。
これによると、加盟11団体は以下の通りです(五十音順)。

かんもくグループ北海道、かんもく富山、かんもくネット、かんもくの会、かんもくの声、さくらんぼの会、信州かんもく相談室、つぼみの会 (場面緘黙親の会 関東)、日本緘黙研究会、場面緘黙親の会ひろしま(あゆみの会)、宮古島-緘黙っ子の親の会

↓ そのページ。「場面緘黙」を支持する立場から書かれてあります。
https://ja-jp.facebook.com/kanmokunet/posts/2114988525440624
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1275
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

アルゼンチンで丸1日近くの講座(8月11日)

投稿記事by 富条 » 2018年6月12日(火) 21時27分

アルゼンチンのブエノスアイレスで、場面緘黙症の丸1日近くの講座が開かれます。
日時は、2018年8月11日(土曜日)の8時30分~15時00分までです。
参加費用は未確認。

主催は、Mutismo Selectivo Internacional(ブエノスアイレス)。
スペイン語圏唯一の、緘黙専門機関だそうです。
スペイン語を公用語とする国は多く、スペイン語は世界三大言語の一つとも呼ばれます。

↓ この催しの詳細について。Facebookに登録されていない方でもご覧になれます。
https://www.facebook.com/events/143552693173751/

上の詳細ページにある Juanita cuenta su historia は、緘黙の本のようですね。
https://articulo.mercadolibre.com.ar/MLA-690025888-juanita-cuenta-su-historia-mutismo-selectivo-_JM

↓ 海外の主な緘黙関係の予定。
https://calendar.google.com/calendar/embed?src=e6gv4hre1mgjesq9r2flc7da9c%40group.calendar.google.com&ctz=Asia%2FTokyo
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1275
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

『放課後カルテ』最終巻発売

投稿記事by 富条 » 2018年6月14日(木) 21時49分

学校医療マンガ『放課後カルテ』の最終巻(第16巻)が、6月13日に発売になりました(地域によっては14日以降店頭に並びます)。
『放課後カルテ』は、第8巻と第9巻で場面緘黙症を扱っていました。
緘黙をメインとした話は第9巻でいったん終わりましたが、作中では緘黙の少女「真愛」ちゃんへの支援は続いており、最終巻でも真愛ちゃんの出番が少しあります。

緘黙以外にも、あまり知られていない病気を丁寧に扱っていて、良作でした。

↓ 「講談社コミックプラス」へのリンクです。
『放課後カルテ(16)』(日生 マユ)
http://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000310338
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1275
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

ベルギー3月25日会合の報告

投稿記事by 富条 » 2018年6月15日(金) 21時50分

フランドルの緘黙団体Vereniging Selectief mutismeが3月25日に行なった会合の報告書が出ました。
PDFファイルにオランダ語で書かれてあります。
私はオランダ語を、同じ印欧語族の英語に機械翻訳して読んだのですが、さすがに読みにくかったです。 :ugeek:
※ PDFファイルをGoogle翻訳で機械翻訳する時は、「ドキュメントを翻訳」が適しています。

↓ このページに、報告書のPDFファイルへのリンクがあります。
Ontmoetingsdag 25 maart 2018: verslag
http://selectiefmutisme.be/actueel-articles/227-ontmoetingsdag-25-maart-2018-verslag

個人的に興味を引かれたのは、1つ目の資料の5ページの箇所。
Maretha de Jonge という方の調査?によると、回答した緘黙児者12名のうち75%が、話せないにも関わらずunhappyとは感じていなかったということ。
ちょっと意外なような……あくまで、一つの調査結果ですけれども。
機械翻訳で訳したもので、もしかしたら不正確なところがあるかもしれません。

[関連記事]

ベルギーで大規模会合
https://smjournal.com/bbs/viewtopic.php?f=17&t=33&p=1319#p1319
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1275
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

資料「学校における場面緘黙への対応-学習指導要領の改訂を踏まえて-」

投稿記事by 富条 » 2018年6月16日(土) 22時01分

6月9日(土曜日)に、長野県佐久市で、信州かんもく相談室のお話会が催されました。
その時の資料がPDF形式で公開されています。

「学校における場面緘黙への対応-学習指導要領の改訂を踏まえて-」という題名です。

↓ 信州かんもく相談室ホームページへのリンクです。
https://shinshukanmoku.wixsite.com/shinshu-kanmoku/blank-4
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1275
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

海外・film好きの緘黙児の作品が、映画祭で入賞

投稿記事by 富条 » 2018年6月17日(日) 21時54分

イギリスの nrthlass.com というサイトに、緘黙児の母親が著した記事が掲載されました。

緘黙がある娘さんは、film(映画?動画?)作りが好き。
話せないことから、自分で短いfilmを作り、そこに声やナレーションを入れて、人に見せていたそうです。
それが高じて、Golden Owl Awards 2018 という映画祭に出品した作品が入賞しました(11歳以下部門)。
緘黙も、一時期に比べればよくなっているようです。

自分の声を録音して聴いてもらうという方法は、緘黙児者への介入法としても聞いたことがあります。
ただ、これは本人にとってはとても勇気のいることですし、本人の同意無しに行なうことはおすすめできません。
今回の子の場合、誰に見せていたかは読み取れなかったものの、本人が好きでやっていたようですね。
映画祭入賞は、本人にとって大きな自信になったことでしょう。

最も印象的だったのは、お母様が娘さんによく寄り添い、サポートしていたことです。
感銘を受ける記事でした。

↓ その記事です。
Finding Daisy’s voice
https://nrthlass.com/2018/06/16/finding-daisys-voice/

↓ 入賞したfilm。YouTube で公開されています。Secret Agentは、密偵やスパイの意味。面白くて可愛かったです。
The Secret Agent Cat
https://www.youtube.com/watch?v=_9Haib0iwJ0

↓ 賞の情報。
Golden Owl Awards 2018 – Review and Winners
https://www.nigelclarkepresenter.co.uk/golden-owl-awards-2018/
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1275
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

アルゼンチンで丸1日の講座

投稿記事by 富条 » 2018年6月19日(火) 21時36分

先日お話したものとは別の、アルゼンチンの場面緘黙症の講座です。
日時は、6月23日(土曜日)の8時から15時まで(朝早いですね :o )。
場所は、チャコ州という所にある Fundación Centro de Estudios Cognitivos(Google翻訳によると、Center for Cognitive Studies Foundation)。

講師は、Lic. Fabiana Alejandra Baracchini 氏のようです。
臨床心理学者で、アルゼンチンにある緘黙団体 Mutismo Selectivo Internacional のディレクターです。

参加費の情報はつかめませんでした。

Abordaje del mutismo selectivo,
ansiedad social y timimdez
tratamiento en la escuela
https://www.facebook.com/mutismoselectivointernacional/posts/1591329200993410

Lic. Fabiana Alejandra Baracchini 氏について
https://www.mutismoselectivointernacional.com/cv

Lic. Fabiana Alejandra Baracchini 氏が登場する YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=nbQRA5_QdtE

※ 海外の主な緘黙関連の催し情報を収集し、研究しています。
https://calendar.google.com/calendar/embed?src=e6gv4hre1mgjesq9r2flc7da9c%40group.calendar.google.com&ctz=Asia%2FTokyo
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1275
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

ICD-11公表

投稿記事by 富条 » 2018年6月21日(木) 00時06分

WHO(世界保健機関)が6月18日、ICD-11(国際疾病分類第11版)を公表しました。
日本語版はまだですが、英語版はインターネットでも確認できます。

6B06 Selective mutism
https://icd.who.int/browse11/l-m/en#/http://id.who.int/icd/entity/167946871

↓ ブログでも取り上げています。
国際疾病分類 第11版(ICD-11)が公表されました
https://smjournal.blog.fc2.com/blog-entry-1266.html
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1275
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

『西日本新聞』朝刊(6月20日)

投稿記事by 富条 » 2018年6月21日(木) 00時15分

九州の新聞『西日本新聞』の6月20日(水曜日)朝刊で、場面緘黙症の記事が掲載されました。

↓ その記事。西日本新聞ホームページへのリンクです。
話したいのに話せない 「場面緘黙症」深い孤立感 気持ち伝えるカードを作成
https://www.nishinippon.co.jp/feature/life_topics/article/426090/

↓ 記事で取り上げられたカードについては、以前、この「緘黙関連ニュース」で扱いました。
「かんもくカード」のクラウドファンディング
https://smjournal.com/bbs/viewtopic.php?f=17&t=33&p=1213#p1213
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: Bing [Bot] & ゲスト[1人]