緘黙関連ニュース

アバター
富条
管理人
記事: 1355
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

『毎日新聞』東海アスリート群像

投稿記事by 富条 » 2019年1月17日(木) 22時09分

1月17日(木曜日)の『毎日新聞』地方版の「東海アスリート群像」という記事で、山本萌恵子選手(日本知的障がい者陸連)が取り上げられています。
場面緘黙症の診断を受けた過去についても書かれてあります。

山本選手はリオ・パラリンピックに出場した経験があり、現在は東京パラリンピックを見据えているそうです。

↓ その毎日新聞の記事へのリンクです。全文を読むには会員登録が必要です。
https://mainichi.jp/articles/20190117/ddl/k23/050/148000c

↓ 山本選手については、2016年にブログで取り上げたことがあります。
発達の問題を併せ持った緘黙経験者、パラリンピック出場
https://smjournal.blog.fc2.com/blog-entry-1072.html
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1355
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

東京で5月26日(日曜日)に「かんもくセミナー」開催

投稿記事by 富条 » 2019年1月17日(木) 22時15分

かんもく自助グループ「言の葉の会」主催による「かんもくセミナー」が、予定されています。
ですが、一般予約の受付はまだだそうです。
「申し込み開始は3月中旬を予定」とのこと。

↓ 詳しくはこちら。「言の葉の会」ホームページへのリンクです。
第1回 かんもくセミナー (一般予約受付前)
https://www.kotonoha-sm.org/activities/seminor/

緘黙関連の予定bySMJ
https://calendar.google.com/calendar/embed?src=smjournal77%40yahoo.co.jp&color=%231B887A&ctz=Asia%2FTokyo
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1355
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

南アの有名な歌手の娘

投稿記事by 富条 » 2019年1月18日(金) 07時16分

南アフリカ共和国のラジオRadio702で、Taliep Petersenという有名な歌手(故人)の娘さんであるTaliep Pietersensさんが場面緘黙症の経験を話し、記事になっています。

記事を読んだのですが、PTSDで緘黙になったというなら、もしかしたらそれは緘黙ではないかもしれないと私は思います。

記事の最後の方に、ラジオ番組の音声と見られるものが埋め込まれています。
緘黙の話は3分5秒頃には始まります。
少しだけ聞いたのですが、家でもお話できなかったそうです。

↓ その記事です。
Taliep Pietersen's daughter shares her emotional journey since her dad's death
http://www.702.co.za/articles/334277/taliep-pietersen-s-daughter-shares-her-emotional-journey-since-her-dad-s-death
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1355
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

「移民の子どもの第二言語としてのフランス語習得について―幼児学校での緘黙を予防する」

投稿記事by 富条 » 2019年1月20日(日) 18時03分

「国際研究集会 Colloque international 2019」という、大阪府茨木市で開かれる研究集会の3月9日(土曜日)開催分で、次のプログラムが予定されています。

ジェレミー・ソヴァージュ(モンペリエ大学)
「移民の子どもの第二言語としてのフランス語習得について―幼児学校での緘黙を予防する」
指定討論者:オチャンテ・村井・ロサ・メルセデス


「緘黙」とありますが、もしかしたら場面緘黙症のことかもしれません。
会場には緘黙よりも、バイリンガリズムに関心のある方が集まるのではないかと思います。

なお、フランス語表記だと次のようになるそうです。

Acquisition du Français langue seconde chez les enfants migrants : prévenir le mutisme à l’école maternelle. Symposium international L’ouverture au multilinguisme des écoles et le bilinguisme - France, Canada, Japon, 9 mars 2019, Université de Kyoto.

http://www.flae.h.kyoto-u.ac.jp/kaken2018/2018/12/27/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%A0%94%E7%A9%B6%E9%9B%86%E4%BC%9A2019-b/
http://www.praxiling.fr/sauvage-jeremi.html
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1355
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

「選択性緘黙と診断された症例に対する訓練経過について」

投稿記事by 富条 » 2019年1月21日(月) 06時48分

楠本季佐子 (2018). 選択性緘黙と診断された症例に対する訓練経過について. 第19回日本言語聴覚学会.

次のページから抄録を読むことができますが、会員登録が必要です。一番下です。
↓ 第19回日本言語聴覚学会
https://www.micenavi.jp/jaslht2018/search/detail_session/id:81

※ [訂正(2019年1月22日)]

会員登録ではなく、パスワードが必要の誤りでした。
パスワードはtoyamaです。

↓ パスワードを記したページ。
http://www.congre.co.jp/jaslht2018/navi/index.html
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1355
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

「発達障害と場面緘黙-その理解と支援上の課題-」

投稿記事by 富条 » 2019年1月21日(月) 06時54分

加藤哲文・高木潤野・大森五月・園山繁樹 (2018). 発達障害と場面緘黙-その理解と支援上の課題-. 日本LD学会第27回大会.

学会終わってからお知らせするようでは、あかん……。 :(

↓ 次のページに概要が掲載されています。
https://confit.atlas.jp/guide/event/jald27th/subject/J65/advanced
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1355
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

『山口新聞』1月12日

投稿記事by 富条 » 2019年1月22日(火) 21時54分

1月12日(土曜日)『山口新聞』で、金原洋治医師とその著書『イラストでわかる場面緘黙サポートガイド』が紹介されました。

↓ 出版社である合同出版のTwitter投稿へのリンクです。Twitterに登録されていない方でもご覧になれます。
https://twitter.com/godo_shuppan/status/1087613234775941121

[関連記事(ブログ)]

『イラストでわかる子どもの場面緘黙サポートガイド』読みました
https://smjournal.blog.fc2.com/blog-entry-1335.html
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1355
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

海外ニュース:5年前に取材した緘黙の少年が

投稿記事by 富条 » 2019年1月23日(水) 21時36分

イギリスの地方紙Daily Echoに、場面緘黙症だった青年が取り上げられているそうです。
5年前に取材を受けた時(当時16歳)は緘黙だったのに、現在は話せるようになられたらしい。
この記事はかなり読まれているようです。

ただ、私の環境だと、なぜかDaily Echoにはアクセスできひん……。 :(
これでは読めません。
皆様はどうですか?

↓ その記事です。
Daniel was mute as a child, but he's found his voice
https://www.dailyecho.co.uk/news/17374966.daniel-was-mute-as-a-child-but-hes-found-his-voice/#mostFullBlock

↓ この記事について(英語)。Facebookへのリンクですが、Facebookに登録されていない方でもご覧になれます。
https://www.facebook.com/groups/smawareness/permalink/2178709232195545/

↓ 5年前の記事について。この掲示板のアーカイブです。
緘黙の16歳少年(英)
https://smjournal.com/bbs/viewtopic.php?f=17&t=33&p=321#p321
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1355
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

グレタ・トゥーンベリさん、ダボス会議でも

投稿記事by 富条 » 2019年1月26日(土) 21時42分

アスペルガー、強迫性障害、そして場面緘黙症(正式には選択性緘黙)の診断を受けた過去があるグレタ・トゥーンベリ(Greta Thunberg)さん。
先日、若干15歳で、第24回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP24)でスピーチを行なった方です。

そのトゥーンベリさんが、今度は世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で発言(スピーチ?)されています。
内容は今回も気候変動に関するもので、緘黙については何も語ってはいません。

アスペルガーがあって特定場面で話せない場合、緘黙とは診断されないはずではないかと思うのですが、私は専門家でもなく、このあたりよく分かりません。

↓ その動画。
Greta Thunberg | Special Address, Annual Meeting of the World Economic Forum 2019
https://www.youtube.com/watch?v=M7dVF9xylaw

↓ グレタ・トゥーンベリさんについて。
国連COP24で、緘黙の診断を過去に受けた少女が演説
https://smjournal.blog.fc2.com/blog-entry-1331.html
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1355
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

海外研究:緘黙児の恐怖に対する認知

投稿記事by 富条 » 2019年1月28日(月) 07時19分

Vogel, F., Gensthaler, A., Stahl, J., & Schwenck, C. (2019). Fears and fear-related cognitions in children with selective mutism. European Child & Adolescent Psychiatry. Advanced online publication.
https://doi.org/10.1007/s00787-019-01281-0
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[2人]