緘黙関連ニュース

アバター
富条
管理人
記事: 856
登録日時: 2013年5月14日(火曜日)21時10分
連絡を取る:

海外・大人の緘黙の新研究

投稿記事by 富条 » 2015年6月10日(水曜日)07時03分

Walkera,S.A. & Tobbella. T. (2015). Lost Voices and Unlived Lives: Exploring Adults' Experiences of Selective Mutism using Interpretative Phenomenological Analysis. Qualitative Research in Psychology. Advance online publication. DOI: 10.1080/14780887.2015.1054533.

http://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/14780887.2015.1054533

大人の緘黙者4人に、オンラインによるインタビューを行なったよう。
こういう経験者から聞く研究、数は少ないですが、稀に見掛けるようになってきています。
Omdal (2007) がこの先駆けか。

著者の所属先から推測するに、英国の研究かも。
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 856
登録日時: 2013年5月14日(火曜日)21時10分
連絡を取る:

ポスター発表・PDD背景の緘黙児に生活行為向上マネジメント

投稿記事by 富条 » 2015年6月11日(木曜日)07時02分

枝並静香(2015) 「場​面​緘​黙​を​呈​す​る​児​へ​の​生​活​行​為​向​上​マ​ネ​ジ​メ​ン​ト​を​用​い​た​学​校​生​活​支​援​」『日本作業療法学会抄録集』49、ROMBUNNO.O1198。

日本作業療法学会のポスター発表。
下記リンクより、PDF 形式で読めます。
http://jotc49.mas-sys.com/pdf/endai100790.pdf
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 856
登録日時: 2013年5月14日(火曜日)21時10分
連絡を取る:

『放課後カルテ』作者らを招き、緘黙の講演会

投稿記事by 富条 » 2015年6月11日(木曜日)07時08分

講演会「マンガ『放課後カルテ』から知る子どもの場面かん黙症」

日時:2015年7月11日(土)
講師:日生マユ氏(『放課後カルテ』作者)、担当編集者、『BE・LOVE』編集長
場所:白梅学園大学(東京)

↓ 詳しくは、白梅学園大学・短期・大学院ホームページへ。
http://daigaku.shiraume.ac.jp/info/lectureship/2015/0610-001681.php

↓ ブログでも取り上げています。
http://smjournal.blog44.fc2.com/blog-entry-925.html

今のところ、白梅学園大学ホームページ以外でこの情報を確認していません。
今月15日には『BE・LOVE』最新号が発売され、放課後カルテの最新話が掲載されるのですが、
この号で講演会の情報が出るような予感。

『放課後カルテ』は、女性コミック誌『BE・LOVE』連載の医療マンガ。
緘黙を取り上げたことがあります。

[追記(2015年6月13日)]

『BE・LOVE』編集部からも、今日、Twitter で発表がありました。


https://twitter.com/BELOVE_henshubu/status/609652338588946432

[追記(2015年6月14日)]

日生マユさんも、今日 Twitter でコメントをしています。
制作上のお話について、日生さんが質問形式で答えるかたちになるようです。


https://twitter.com/hinasemayu/status/609772490554912768
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 856
登録日時: 2013年5月14日(火曜日)21時10分
連絡を取る:

新堂冬樹『瞳の犬』に緘黙か、さらに…

投稿記事by 富条 » 2015年6月17日(水曜日)00時49分

小説家の新堂冬樹さんの公式ブログによると、
新堂さんの作品『瞳の犬』(角川書店)に緘黙症の少女が登場するようです。

↓ 新堂さんのブログへのリンクです。
http://ameblo.jp/shindo-fuyuki/entry-11440921874.html

緘黙がどう描写されているか、この少女はどう描かれているか等、
詳しい内容は未確認です。

* * * * * * * * * *

この新堂さんは作家業以外にもプロデュース業も行なっています。
2013年頃からは AV女優の吉沢明歩さんの作家デビューをプロデュースされていたのですが、
その吉沢さんが執筆されていた小説のプロットが、
緘黙に立ち向かう主人公と、それを支えていく人たちを描くというものだったそうです。

このことは、2014年2月28日に行なわれた、スカパー!の番組『ノワールな人々』の
公開収録兼トークショーで、明らかにされました。

↓ 「My Angel・吉沢明歩ちゃんと再会するまで続ける日記!!!」さんへのリンク。
緘黙については後半に書かれてあります。
なお、このページは、18歳未満の方が読んでも問題ありません。
http://d.hatena.ne.jp/Jonathan/touch/20140321/p1

ただ、吉沢さんのこの話は、今のところ小説として発表されていないようです。
作家デビューは中断しているのか、それとも流れたのか、……。

それにしても、スカパー!の番組の公開収録兼トークショーで、
緘黙が話題になっていたんですね。知りませんでした。
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 856
登録日時: 2013年5月14日(火曜日)21時10分
連絡を取る:

『かんもくガール』広告が、毎日新聞にまた掲載

投稿記事by 富条 » 2015年6月18日(木曜日)06時59分

地方にもよるのですが、5月17日(水)、『毎日新聞』に『私はかんもくガール』の広告が掲載されたそうです。

↓ 著者のらせんゆむさんの Twitter 投稿へのリンク。
https://twitter.com/rasenyum/status/611255187735314432

なお、2月にも広告が掲載されています。

↓ らせんゆむさんの Twitter 投稿へのリンク。
https://twitter.com/rasenyum/status/567422183396220928
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 856
登録日時: 2013年5月14日(火曜日)21時10分
連絡を取る:

Amebaトピックスに緘黙

投稿記事by 富条 » 2015年6月23日(火曜日)21時25分

画像

23日夜、Ameba トピックスで緘黙が取り上げられているのを確認しました。

これは、Ameba が提供する「GIRL'S TALK」の以下の投稿へのリンクでした。

http://www.ca-girlstalk.jp/talk/detail/600855

この投稿はわずか2日で200件を超えるのコメント(投稿者自身の返信も含む)、
1000件を超える共感と、大きな反響を呼んでいます。
このため Ameba トピックスで紹介されたのでしょう。
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 856
登録日時: 2013年5月14日(火曜日)21時10分
連絡を取る:

海外研究:一卵性双生児の緘黙

投稿記事by 富条 » 2015年6月25日(木曜日)21時26分

Albrigtsen, V., Eskeland, B., & Mæhle, M. (2015). Ties of silence - Family lived experience of selective mutism in identical twins. Clinical child psychology and psychiatry. Advance online publication.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26092264

一卵性双生児は遺伝子が同じ。
二人とも、学校に入った最初の年に場面緘黙症になったそうです。

双子とその両親へのインタビュー調査のようです。
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 856
登録日時: 2013年5月14日(火曜日)21時10分
連絡を取る:

英国心理学会ブログの緘黙記事、シェア広がる

投稿記事by 富条 » 2015年7月08日(水曜日)23時16分

英国心理学会のブログが、場面緘黙症の最新研究を取り上げました。

The experiences of adults with "selective mutism", in their own words
http://digest.bps.org.uk/2015/07/the-ex ... -with.html

取り上げた研究は、先月この緘黙関連ニュースでもご紹介した、
大人の緘黙者4人へのオンラインインタビューです。

Walkera,S.A. & Tobbella. T. (2015). Lost Voices and Unlived Lives: Exploring Adults' Experiences of Selective Mutism using Interpretative Phenomenological Analysis. Qualitative Research in Psychology. Advance online publication. DOI: 10.1080/14780887.2015.1054533.
http://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/14780887.2015.1054533

私はこの最新研究の本文を読んではいないのですが、
これを取り上げたブログ記事は興味深かったです。
アイデンティティのくだりとか。

このブログ記事は、海外ユーザーの間でシェアが広がっているようで、
少なくとも Twitter でシェアの動向を確認しています。
英語圏では、緘黙に関する話題は Twitter ではあまり広まらないんですけれども。

[追記](2015年7月9日)

New York Magazine のウェブサイトにも、今回のブログ記事が取り上げられています。

There’s an Anxiety Disorder That Renders People Unable to Speak
http://nymag.com/scienceofus/2015/07/anxiety-disorder-that-renders-people-mute.html
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
マーキュリー2世

Re: 緘黙関連ニュース

投稿記事by マーキュリー2世 » 2015年7月09日(木曜日)11時06分

緘黙関係者の中で英国心理学会のブログを継続的に読んでいる人は少ないでしょうから少し補足を。ちなみに、私はこのブログを毎回かかさず読んでいる人間です。

英国心理学会のブログ記事の紹介を主に行っているTwitterアカウント(@ResearchDigest)は最新の記事を紹介するだけでなく、過去の記事のツイートも行っています。場合によっては何年も前のブログ記事を紹介することもあります。したがって、今回のツイートだけでなく、以降も継続的に緘黙記事がツイートされる可能性があります。
アバター
富条
管理人
記事: 856
登録日時: 2013年5月14日(火曜日)21時10分
連絡を取る:

Re: 緘黙関連ニュース

投稿記事by 富条 » 2015年7月09日(木曜日)21時18分

マーキュリー2世 さんが書きました:英国心理学会のブログ記事の紹介を主に行っているTwitterアカウント(@ResearchDigest)は最新の記事を紹介するだけでなく、過去の記事のツイートも行っています。場合によっては何年も前のブログ記事を紹介することもあります。したがって、今回のツイートだけでなく、以降も継続的に緘黙記事がツイートされる可能性があります。

それは知りませんでした!情報ありがとうございます。
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7

“緘黙関連ニュース・情報” へ戻る

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]