緘黙関連ニュース

トピックに返信する


答えを正確にご入力ください。答えられるかどうかでスパムボットか否かを判定します。
スマイリー
:D :) ;) :( :o :shock: :? 8-) :lol: :x :P :oops: :cry: :evil: :twisted: :roll: :!: :?: :idea: :arrow: :| :mrgreen: :geek: :ugeek:

BBCode: ON
[img]: ON
[flash]: OFF
[url]: ON
スマイリー: ON

トピックのレビュー
   

展開ビュー トピックのレビュー: 緘黙関連ニュース

NHK総合で、小学生の頃に「かん黙」になった男性への、ひきこもり支援が放送(10月19日)

投稿記事 by 富条 » 2017年11月20日(月曜日)07時07分

10月19日(日曜日)にNHK総合で全国放送された番組『明日へ-つなげよう-』(午前10時15分~11時3分)の中で、ひきこもり状態にある30代男性への支援が放送される場面がありました。
その男性なのですが、小学生の頃に「かん黙」になったと説明されていました。
この2年間少しづつ話せるようになりましたが、大きな声では話せないようです。

この男性の場面が放送されたのは、放送開始後11分58秒から1分半ほどの間です。この他、オープニングとエンディングにも、この男性について触れられる場面がありました。特にエンディングは、1分超の内容でした。

詳しくは、下記のリンクをご覧ください。

↓ 『NHKオンデマンド』で、12月4日まで無料配信されています。ただし、視聴には会員登録が必要です。
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2017082883SA000/

↓ 放送内容を文字に起こしたもの。『TVでた蔵』へのリンク。
https://datazoo.jp/w/%E3%81%8B%E3%82%93%E9%BB%99/34267464

↓ 放送内容を文字に起こしたもの。『gooテレビ情報』へのリンク。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/nhk/62320/1114780/

なお、放送当時のネットの反応を調べてみたのですが、「かん黙」については、反応らしい反応は確認できませんでした。
また、場面緘黙症Journal へのアクセス数も、テレビで「かん黙」が取り上げられたにもかかわらず、いつもと変わりがありませんでした。

※ 放送内容を『NHKオンデマンド』で確認したことから、内容を書き改めました。また、この放送についてはもう少し紙幅を割いて書きたいと思ったため、ブログでも取り上げることにしました。

↓ NHKで「かん黙」経験者へのひきこもり支援が、数分間放送
https://smjournal.blog.fc2.com/blog-entry-1193.html

富山で講演会、NHKが取材(11月16日)

投稿記事 by 富条 » 2017年11月17日(金曜日)21時39分

「場面緘黙を考える会 富山」の副代表と顧問による講演会「場面緘黙を知ってください」が、11月16日(木曜日)夜に開催されたそうです。
NHKが取材に来たとか。

↓ 情報源。「場面緘黙を考える会富山」Facebook ページへのリンクです。Facebook に登録されていない方でもご覧になれます。
https://www.facebook.com/kanmokutoyama/posts/1998101943803763

緘黙の高校生が主人公のケータイ小説

投稿記事 by 富条 » 2017年11月17日(金曜日)21時34分

ケータイ小説サイト野いちごで、場面緘黙症の高校生が主人公の作品が掲載されています。
多くの人に読まれているようです。
作者の涙鳴(るいな)さんは、文庫本を多数出されています(『おはよう、きみが好きです。』など)。

全277ページ読んだのですが、緘黙に関心を持っていただけて、とにかく感謝というのが感想です。
あと、私のようなおっさんが乙女の読み物を読んでしまったことに罪悪感が……。 :|

↓ その作品。
春が来たら、桜の花びら降らせてね
https://www.no-ichigo.jp/read/book/book_id/1431707

緘黙を経験した歌手のTwitter投稿に反響

投稿記事 by 富条 » 2017年11月16日(木曜日)21時56分

滋賀県を拠点に活動するバンド Rosario Ark のボーカル YUE さんという方が、場面緘黙症の経験を Twitter に投稿しました。
反響が大きく、「リツイート」と呼ばれるシェアや、「いいね」が多数ついています。

↓ YUE さんの Twitter 投稿へのリンク。Twitter に登録されていない方でもご覧になれます。
https://twitter.com/rosarioark_vo/status/930719802481455105

↓ Rosario Ark のオリジナル曲の一つ『Funny Party』。YouTube へのリンク。
https://www.youtube.com/watch?v=4lgtbHfc_lI

第6回日本小児診療多職種研究会で、緘黙関係の一般演題2件(11月4日沖縄)

投稿記事 by 富条 » 2017年11月16日(木曜日)07時04分

11月3日(金曜日祝日)と4日(土曜日)に沖縄コンベンションセンターで開かれた第6回日本小児診療多職種研究会で、場面緘黙症関係の一般演題が2件あったそうです。

宮本有里「場面緘黙児への支援~保育園での母子遊びを行った1事例~」
高木潤野「知的障害を有する場面緘黙児1例における緘黙症状の縦断的変化」

↓ PDFファイル5ページをご覧ください。
http://nihonsyounisinryoutasyokusyu.kenkyuukai.jp/images/sys%5Cinformation%5C20171025103611-01E6458481DA0D6149927D63D535E31C00A0EB867701E7D703A2CD2920CE8D5B.pdf

↓ 研究会について。
http://nihonsyounisinryoutasyokusyu.kenkyuukai.jp/event/event_detail.asp?id=20595
http://nihonsyounisinryoutasyokusyu.kenkyuukai.jp/information/information_detail.asp?id=71768

『不登校新聞』緘黙当事者が取材

投稿記事 by 富条 » 2017年11月15日(水曜日)21時59分

『不登校新聞』で「場面緘黙の私が初めて取材しました!!【取材方法と苦労した点】」と題する取材後記が掲載されました。

記事全文を読んだのですが、同紙の子ども若者編集部の方ではないかと思います。
(きとう・しんさんは、違います)
取材は、インターセックス(半陰陽)の漫画家、新井祥さんへのものでした。

↓ 『不登校新聞』ホームページへのリンクです。
場面緘黙の私が初めて取材しました!!【取材方法と苦労した点】
https://futoko.publishers.fm/article/16679/

イングランド:緘黙支援の賞ができる

投稿記事 by 富条 » 2017年11月13日(月曜日)07時07分

イングランドで、場面緘黙症の啓発に大きな役割を果たしたり、緘黙支援で優れた実践を行なったりした団体や個人に贈られる賞ができたようです。
賞の名前は、The Katie Rough Memorial Award。
Katie Rough(ケイティー・ラフ)さんは、今年1月に不慮の死を遂げた少女で、場面緘黙症がありました。
この賞は、イギリスの緘黙支援団体 SMIRA が提案したものだそうです。

私もまだよく分からないのですが、Shine a Light Awards という賞の部門賞でしょうか?
今年1回きりの賞なのか、来年以降も恒久的に続く賞なのか、そこは私には分かりません。

興味深いニュースなので、後ほどブログで、もう少し詳しく書くかもしれません。

↓ 賞について。SMIRA の Facebook ページへのリンクです。Facebook に登録されていない方でもご覧になれます。
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1523809094379247&id=120663428027161

↓ ケイティー・ラフさんについて。場面緘黙症Journal ブログへのリンク。
英国で緘黙児が殺害される
http://smjournal.blog.fc2.com/blog-entry-1105.html

[追記(2017年11月13日)]

個人だけでなく、団体も受賞対象であることなどから、一部内容を修正しました。


[追記(2017年11月14日)]

↓ブログでも取り上げました。
英国で、緘黙支援者への賞ができる
https://smjournal.blog.fc2.com/blog-entry-1189.html

海外ポスター発表:緘黙児の、感情語の処理能力?

投稿記事 by 富条 » 2017年11月10日(金曜日)21時43分

ワシントンで開催中の International Society for Developmental Psychobiology の第50回年次総会で、ある場面緘黙症の研究のポスター発表が行なわれました。
そのポスター発表を、共著者のお一人が Twitter で、画像というかたちで投稿されているので、ご紹介します。
画像は小さいですが、拡大すると一部を読める大きさにはなります。

↓ Shannon Pruden 氏の Twitter 投稿へのリンクです。Twitter に登録していない方でもご覧になれます。
Can children with selective mutism efficiently map emotion words?: An eyegaze study utilizing NimStims
https://twitter.com/spruden/status/928755590524035072

不勉強な私にはよく分からないのですが、緘黙児の言語処理能力、特に感情に関わる言葉について調査したものでしょうか :?:

映画『校庭に東風吹いて』8月26日宮崎市で観客900人超

投稿記事 by 富条 » 2017年11月06日(月曜日)23時35分

場面緘黙症などを扱った映画『校庭に東風吹いて』は、現在も月2回ほどのペースで上映が行なわれています。
8月26日に宮崎市で行なわれた上映会では、900人超が鑑賞したそうです。
これは、全国でも1,2を競う観客動員だったとのこと。
プロデューサーの桂壮三郎氏が Twitter に投稿しています。

映画の公式ホームページによると、この日、宮崎市民プラザで3回上映されたそうです。

講演会や研修会など、場面緘黙症の催しの定員は、多くても1日200人ぐらいです。
今年は熊本市で、定員450人の講演会が行なわれましたが、これは過去最大規模ではないかと思われるほどの、異例の規模です。
それを思うと、もし900人という数字が事実だとしたら、これは相当な数字です。
映画化されたというのは、やはり大きいです。

↓ 桂氏の Twitter 投稿へのリンクです。Twitter に登録されていない方でもご覧になれます。
https://twitter.com/gogo00926239/status/924980055649828865

文献:広汎性発達障害に言語面の弱さがみられる選択性緘黙児に対する言語聴覚療法の経過

投稿記事 by 富条 » 2017年11月06日(月曜日)07時05分

水戸陽子・吉村拓馬・惠良美津子(2017)広汎性発達障害に言語面の弱さがみられる選択性緘黙児に対する言語聴覚療法の経過. 『小児の精神と神経』57, 3, 205‐212.

↓ 書誌情報。J-GLOBAL へのリンク。本文は読めません。
http://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201702262464991656

ページトップ