緘黙関連ニュース

アバター
富条
管理人
記事: 1245
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

映画『少女邂逅』HP開設、6月30日より全国順次公開

投稿記事by 富条 » 2018年6月21日(木) 22時04分

映画『少女邂逅』の公式サイトが、6月1日に開設されています。
トップページの "INTRODUCTION" と "枝優花監督インタビュー" に「場面緘黙症」の文字が確認できます。
ただし、緘黙を主題とした作品ではないかもしれません。

この映画は、6月30日(土曜日)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開予定です。

↓ 『少女邂逅』の公式サイトです。
http://kaikogirl.com/

↓ 場面緘黙症Journalブログの関連記事。
『少女邂逅』緘黙経験者の実体験を元にした映画が、公開予定か
https://smjournal.blog.fc2.com/blog-entry-1140.html
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1245
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

高校生の大規模進学ガイダンスで、緘黙の講義(東京、7月14日)

投稿記事by 富条 » 2018年6月22日(金) 21時59分

高校生と大学が直接出会う合同進学ガイダンス「夢ナビライブ」で、場面緘黙症の講義が開かれます。

「話したいのに『声が出せない』子どもたち」

日時:7月14日(土曜日)
場所:東京ビッグサイトにて。
講師:高木潤野長野大学准教授
実施主体:長野大学

長野大学の実施イベント一覧|夢ナビライブ2018 東京会場
http://yumenavi.info/live/uketuke/kakunin/UnivPartList_Pc.aspx?p=tokyo&c=000500
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1245
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

緘黙/吃音関係の作品を展示(東京、6月30日まで)

投稿記事by 富条 » 2018年6月22日(金) 22時04分

「ZEN展」で、場面緘黙症/吃音関係の作品が展示されるそうです。

場所:東京都美術館
日時:2018年6月23日(土曜日)〜 6月30日(土曜日)

↓ 展示を行なう yamaさんの Twitter 投稿へのリンクです。Twitter に登録されていない方でもご覧になれます。
https://twitter.com/yykk/status/1009666672939040769
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1245
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

『北海道新聞』道東版に小記事(読めます)

投稿記事by 富条 » 2018年6月24日(日) 21時59分

6月23日(土曜日)に、「オホーツクかん黙の理解を広める会」による「第一回 かんもく家族の茶話会」が開催されました。

その様子が、6月24日(日曜日)の『北海道新聞』朝刊道東版に掲載されたそうです。

↓ その記事を、写真形式で読むことができます。「オホーツクかん黙の理解を広める会」Facebookページへのリンクです。Facebookに登録されていない方でもご覧になれます。
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=197287787593086&id=172054930116372
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1245
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

米国緘黙団体SMA年次総会(9月)

投稿記事by 富条 » 2018年6月26日(火) 21時56分

アメリカではおそらく最大の緘黙団体Selective Mutism Associationの年次総会が、9月15日から16日(土日)にかけて予定されています。
1日目は8時30分から16時30分までと長時間ですが、2日目は9時00分から12時45分までです。

場所は、シカゴのEmbassy Suitesというホテルです。

参加費はコースによって多様。
最も安いのは学生の90ドル(約9,900円)。
高いのは、SMA非会員の専門家で、2日間?で340ドル(約3.7万円)。
日本の相場と比べると、だいぶ高いかなあ……。 :shock:

プログラムは、専門家向けと、家族・友人向けに分かれています。

この催しの概要
http://events.r20.constantcontact.com/register/event?oeidk=a07ef7u1bx4e69adc14&llr=8leg5wn6

日程(PDFファイル)
https://www.selectivemutism.org/wp-content/uploads/2018/01/2018ConferenceAgendaFinal.pdf

※ 海外の主な緘黙関係の催しの情報を集め、研究しています。
https://calendar.google.com/calendar/embed?src=e6gv4hre1mgjesq9r2flc7da9c%40group.calendar.google.com&ctz=Asia%2FTokyo
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1245
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

英国緘黙団体SMIRA年次総会の報告(日本語)

投稿記事by 富条 » 2018年6月28日(木) 06時19分

英国緘黙団体SMIRA年次総会の報告(日本語)

イギリス在住の元緘黙児のお母様 Miku さんが、同国の緘黙団体 SMIRA の年次総会に参加されました。
その時の模様をブログで複数回にわたって報告されています。

※ Mikuさんのブログ「場面緘黙について考える: SM Notes」へのリンクです。

2018年SMiRAコンファレンス(その1)
https://smnotes.com/2018%e5%b9%b4smira%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b9%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae1%ef%bc%89/

2018年SMiRAコンファレンス(その2)
https://smnotes.com/2018%e5%b9%b4smira%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b9%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae2%ef%bc%89/

2018年SMiRAコンファレンス(その3)
https://smnotes.com/2018%e5%b9%b4smira%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b9%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae3%ef%bc%89/

2018年SMiRAコンファレンス(その4)
https://smnotes.com/2018%e5%b9%b4smira%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b9%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae4%ef%bc%89/

2018年SMiRAコンファレンス(その5)
https://smnotes.com/2018%e5%b9%b4smira%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b9%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae5%ef%bc%89/

2018年SMiRAコンファレンス(その6)
https://smnotes.com/2018%e5%b9%b4smira%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b9%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%96%ef%bc%89/

2018年SMiRAコンファレンス(その7)
https://smnotes.com/2018%e5%b9%b4smira%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b9%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae7%ef%bc%89/
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1245
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

[公開終了]Maggie Johnson氏の講演動画(英語)

投稿記事by 富条 » 2018年6月28日(木) 06時30分

[追記(2018年6月29日)]

この動画は公開終了したようです。
閲覧できなくなっています。


イギリスの言語聴覚士 Maggie Johnson(マギー・ジョンソン)氏の講演動画が公開されています。

この講演は、6月27日(水曜日)に Equality and Diversity at BU で行なわれた Shyness? Reluctance to speak? ASD? Or selective mutism? と思われます。
※ BU は、Bournemouth University の略です。イングランドの大学。

↓ その講演動画です。Facebookへのリンク。Facecbookに登録されていない方でもご覧になれます。
https://www.facebook.com/EqualityatBU/videos/1848521701837904/

↓ この催しについて。Facebookへのリンク。Facecbookに登録されていない方でもご覧になれます。
https://www.facebook.com/events/235625797210929/
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1245
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

ASD児の緘黙の治療(英語動画)

投稿記事by 富条 » 2018年6月29日(金) 21時31分

自閉症スペクトラム症がある子の緘黙の治療について発表した英語動画があります。
これは 2017年4月28日と29日に行なわれた、ACT's 13th Annual Focus on Research Conference という催しの一場面です。
演者は Ainsley Boudreau氏で、臨床心理学の博士号をお持ちの方のようです。

動画を公開したのはカナダの ACT – Autism Community Training という団体。
この動画、音声が明瞭で聞き取りやすいです。

FoR 2017 - Treating Selective Mutism in Children with ASD - Boudreau Part 1
https://vimeo.com/277535018

FoR 2017 - Treating Selective Mutism in Children with ASD - Boudreau Part 2
https://vimeo.com/277533663

FoR 2017 - Treating Selective Mutism in Children with ASD - Boudreau Part 3
https://vimeo.com/277534457
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1245
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

海外旅行を契機に、学校で少し話せるようになった?(海外)

投稿記事by 富条 » 2018年6月30日(土) 22時02分

Blackpool Gazette というイギリスの地方紙に、場面緘黙症の記事が掲載されました(電子版で確認)。
私が読み間違えていなければ、この緘黙児は、海外旅行がきっかけで、学校で少し話せるようになったようです。

[追記(2018年7月14日)]

「学校で少し話せるようになった」は誤りでした。

正しくは、「教師とお話できるだけでなく、クラスの前ではまだ話せないものの、友達や28歳の姉 Emma Wallaceとはおしゃべりできる」ようになったとのことです(Not only is she able to speak to her teacher, albeit not in front of class, she is able to chat with pals and big sis Emma Wallace, 28)。

なお、このニュースは Daily Mail や Daily Mirror などにも掲載されています。
ブログでも取り上げています。

旅の効用
https://smjournal.blog.fc2.com/blog-entry-1276.html


そういえば、アメブロ公式トップブロガーのタマタマヨさんのお子さんは、キッザニアに行ったのをきっかけに、緘黙の克服に向かったと書かれていました(学校の先生は頼りにならなかった)。

私たちは緘黙は学校で治すものと考えがちです。
今回の例は例外的だったのかもしれませんが、どこで治すという考え方に凝り固まって、固定観念を持つに至ってしまってはいかんのではないかと思うことがあります。

↓ そのイギリスの記事。
‘Miracle holiday has cured my mutism’
https://www.blackpoolgazette.co.uk/news/miracle-holiday-has-cured-my-mutism-1-9228801

↓ こちらはタマタマヨさんのブログ。
場面緘黙症の克服へ2
https://ameblo.jp/mammy-boco/entry-12274989187.html
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
アバター
富条
管理人
記事: 1245
登録日時: 2013年5月14日(火) 21時10分
連絡を取る:

書誌情報「吃音症状を有する場面緘黙児1例における緘黙症状の縦断的変化」

投稿記事by 富条 » 2018年7月01日(日) 15時22分

高木潤野・臼井なずな (2018). 吃音症状を有する場面緘黙児1例における緘黙症状の縦断的変化. 日本コミュニケーション障害学会学術講演会予稿集, 44, 87.
https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201802269231845433

第44回日本コミュニケーション障害学会学術講演会でのポスター発表のようです。
↓ PDFファイル。22ページに記載があります。
http://jacd44.umin.jp/img/program.pdf
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]