緊張や不安の 強い子どもへワークショップ:場面緘黙児へのカラダ・こころあそび支援プログラムへの参加者募集について

tonton

緊張や不安の 強い子どもへワークショップ:場面緘黙児へのカラダ・こころあそび支援プログラムへの参加者募集について

投稿記事by tonton » 2016年1月13日(水曜日)17時20分

2月13日(土)、2月27日(土)、3月12日(土)の全3回で、緊張や不安の強い子どもへのワークショップ:場面緘黙児へのカラダ・こころ遊び支援プログラムを計画しています。

場所は京都西山短期大学 述誠館 :京都府長岡京市栗生西条26、光明寺山内
募集定員は4才~9才前後の緘黙児とその保護者6~7組程度、
参加費は3日で1500円(保険代、茶菓費の実費)
緘黙支援の研究に協力していただけることと、全3回に参加していただくことをお願いしています。

プログラムは、プレイセラピー、ヨーガ、臨床動作法、自律訓練法、芸術療法、感覚統合訓練などと、必要に応じて認知行動療法や家族面接なども予定しています。

スタッフは、教員で臨床心理士2名とその他専門の教員、学生サポーター、ボランティアで取り組みます。
臨床心理士でヨーガ教師のスタッフは、子ども向けの「マネマネヨーガ」や「クマモンとヨーガ」でも活動しています(クマモンとヨーガは「熊本県HP」のYouTubeで動画検索できます)。

正式な案内は京都西山短期大学のHP(http://seizan.ac.jp/)にアクセスしてください。
募集要項をご覧の上、メールで申し込み受付を行います(seizan@seizan.ac.jp)。

緘黙児は環境が変化する時期をどのように乗り越えるかが、その後の症状に大きく影響すると考えています。新学期を迎える前に、緘黙児や家族へのサポートを行うことによって不安や緊張の低減や改善に取り組みたいと考えています。緘黙児の発話を直接的に進めることも重要ですが、今回は動きに焦点をあて、発話の前提となるカラダとこころに働きかけて、親子で自由に活動できる身体を作りを目指しています。

この掲示板をお借りして案内させていただきます。
tonton2

緊張や不安の 強い子どもへのワークショップを実施しました。

投稿記事by tonton2 » 2016年3月14日(月曜日)17時05分

緊張や不安の強い子どもへのワークショップは6組の親子が、京都、滋賀、大阪から参加してくださり、3回のプログラムをすべて終了しました。ワークショップの正式な報告は西山短大HPに掲載される予定です。

この場面緘黙児へのワークショップについては、京都新聞社会福祉事業団や京都オムロン地域協力基金などから理解して頂き、後援もして頂いて実施することが出来ました。京都新聞社は取材にも来られました。

担当者への問い合わせは多く寄せられ、この掲示板のアクセス数もワークショップ募集締め切り終了後にも増加しており、場面緘黙に対する関心は高いのだと改めて感じています。

今回の参加の保護者の全員が継続の実施希望をされています。年間のワークショップとして企画中ですので正式に決まりましたら、また案内の投稿をさせて頂きます。

改めてましてこの掲示板を使わせて頂き、ありがとうございました。
アバター
富条
管理人
記事: 1000
登録日時: 2013年5月14日(火曜日)21時10分
連絡を取る:

ワークショップのお知らせ、ありがとうございます。

投稿記事by 富条 » 2016年3月14日(月曜日)21時48分

ワークショップの実施報告、ありがとうございます。
新聞社の取材まであったのですね。

大変興味深いお話ですので、今後、
西山短大HPの更新内容を注視し、正式報告をぜひ確認したいと思います。

またご案内をしていただけると、大変ありがたいです。
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
tonton2

緊張や不安の強い子どもへのワークショップの新聞記事

投稿記事by tonton2 » 2016年3月17日(木曜日)00時35分

緊張や不安の強い子どもへのワークショップに取材にこられた記事が京都新聞の洛西版に、3月16日付けで掲載されました。
tonton3

平成28年度 緊張や不安の強い子どもへのワークショップ参加者募集について

投稿記事by tonton3 » 2016年5月03日(火曜日)00時29分

「平成28年度 緊張や不安の強い子どもへのワークショップ参加者募集について」の案内が、京都西山短期大学hpに掲載されました。

今年2月から3月に実施しましたワークショップをもとに、継続実施します。
全7回で、そのうち4回以上参加できる親子を優先に申し込み受付をします。
各回、8組程度の親子でプログラムを実施することを計画しています。

参加希望の親子のかたは、京都西山短期大学hpにアクセスしてください。 http://seizan.ac.jp/
申込・お問い合わせメールアドレス:seizan@seizan.ac.jp

この場をお借りして案内させていただきます。
アバター
富条
管理人
記事: 1000
登録日時: 2013年5月14日(火曜日)21時10分
連絡を取る:

Re: 平成28年度 緊張や不安の強い子どもへのワークショップ参加者募集について

投稿記事by 富条 » 2016年5月03日(火曜日)07時10分

ご案内ありがとうございます。
お話されていた通り、通年の実施となったのですね。

私のブログ(パソコン版)の右サイドバー「緘黙ニュース」「近々の予定」と
Twitterアカウントでも取り上げさせていただきました。

http://smjournal.blog44.fc2.com/
https://twitter.com/nesamimus/status/727259749692018688
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
tonton4

緊張や不安の 強い子どもへワークショップ:場面緘黙児へのカラダ・こころあそび支援プログラム2016年度第1回目を実施しました。

投稿記事by tonton4 » 2016年6月09日(木曜日)00時25分

昨年度から継続して今年の「場面緘黙児へのカラダ・こころあそび支援プログラム」2016年度第1回目を実施しました。
京都を中心に、滋賀、大阪、和歌山などから8組の親子が参加されました。

親子とのスキンシップをもとにカラダの動きに意識を向け、こころに気付くあそびを楽しみました。

詳しくは京都西山短期大学HPに報告が掲載されました(2016.06.08)のでご覧下さい。
http://seizan.ac.jp/

この場をお借りして報告させていただきます。
アバター
富条
管理人
記事: 1000
登録日時: 2013年5月14日(火曜日)21時10分
連絡を取る:

ワークショップのご報告、ありがとうございます。

投稿記事by 富条 » 2016年6月10日(金曜日)21時18分

ワークショップのご報告、ありがとうございます。

伊藤華野先生は、かんもくフォーラム2016でもヨガのご指導をされるそうですね。
http://kanmokuforum2016.wix.com/0806#!schedule/c1x1t
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7
tonton5

緊張や不安の 強い子どもへワークショップ2016実施報告について

投稿記事by tonton5 » 2016年8月03日(水曜日)18時52分

「緊張と不安の強い子供へのワークショップ」の前期の3回を終了しました。

ワークショップには京都府を中心に近畿圏から、毎回8組から11組の親子の方が参加していただきました。
参加した保護者の方からは、お子さまの変化についてのうれしい報告もいただいています。
実施した内容は、京都西山短期大学のhp(http://seizan.ac.jp/)に掲載されていますのでご覧いただければ幸いです。

なお、「緊張と不安の強い子供へのワークショップ」の内容については、8月6日(土)の「かんもくフォーラム2016」において、少し時間をいただく機会をいただきましたので、簡単に紹介することができると思います。

後期は10月から実施の予定で、現在、16組の親子の方がエントリーされています。

また、この場をお借りして報告させていただきます。
アバター
富条
管理人
記事: 1000
登録日時: 2013年5月14日(火曜日)21時10分
連絡を取る:

緊張や不安の強い子どもへワークショップ、ご報告ありがとうございます。

投稿記事by 富条 » 2016年8月04日(木曜日)06時33分

いつもご報告、ありがとうございます。

第2回の報告も読みましたが、メインの遊びは毎回違うんですね。
それだけ趣向を凝らしていることが窺えます。

参加されている親子さんは毎回増え、規模が大きくなっていますね。
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7

“緘黙について” へ戻る

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]