政府の審議会で、緘黙経験者が発言(19年前)

アバター
富条
管理人
記事: 998
登録日時: 2013年5月14日(火曜日)21時10分
連絡を取る:

政府の審議会で、緘黙経験者が発言(19年前)

投稿記事by 富条 » 2017年1月12日(木曜日)22時03分

かく言う私も、小学校時代、選択性緘黙と言って、人前で絶対物が言えない、のどに舌が張りついて、自分が当てられたらどうしようかと思った時がありました。それを取り返すぐらい、今しゃべっておりますが。

平成9年7月9日に行なわれた、文部科学省の教育課程審議会(第18回)議事録より。
発言内容全体は、緘黙とは特に関係がありません。

↓ 文部科学省ホームページへのリンクです。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/old_chukyo/old_katei1998_index/gijiroku/1310387.htm

どなたの発言かは、はっきり分かりません。
「私は、精神科の医者という仕事をしておりまして」と発言していることから、精神科医だろうということは分かります。

政府の審議会に出席するほどの方ですから、相当な方だろうと思います。
ユーザー登録をなさってない方へ。記事の編集・削除は、こちらで受け付けております。
viewtopic.php?f=3&t=7

“緘黙について” へ戻る

オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]