緘黙年表2000年以降(国内関連)

出来事
2000
平成12
○ 緘黙サイトの草分け「ココロのひろば」開設。また、同サイトがウェブリング「緘黙の輪」の運営を開始。
○ この頃から、ネット上で緘黙の当事者、経験者、家族らの交流が増え始める。
2001
平成13
○ 初の緘黙オフ会開催か。
○ NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」で、緘黙が描かれる。
2002
平成14
○ さくらかよ『君の隣に』。
2003
平成15
○ 匿名掲示板群「2ちゃんねる」に、緘黙のスレッドが立つ。
2004
平成16
○ Wikipedia に「緘黙」の項目ができる。
2005
平成17
○ ウェブサイト「場面緘黙症専用」が、Yahoo!Japan カテゴリに登録される。
○ この頃、緘黙を主題としたブログが次々に開設される。
2006
平成18
○ 「緘黙児を支援する会」が誕生(後の「かんもくの会」)。
○ Wikipedia に「場面緘黙症」の項目ができる。
2007
平成19
○ 緘黙支援団体「かんもくネット」が誕生。
○ ウェブリング「緘黙の輪」が終了。
○ Angela E. McHolmら『場面緘黙児への支援』。
○ 日本特殊教育学会第45回大会で、緘黙を主題としたシンポジウムが開催。
2008
平成20
○ かんもくネットほか『場面緘黙Q&A』。
○ この頃から、緘黙を主題とした記事が、地方紙や全国紙の地方欄に少しずつ現れ始める。
○ この頃?「にほんブログ村」に、カテゴリ「場面緘黙症」ができる。
2009
平成21
○ Rosemary Sage ら『場面緘黙へのアプローチ』。
2010
平成22
○ この頃から、Twitter で緘黙に関する投稿が増え始める。
○ mixi コミュニティ「場面緘黙症」が開設。
○ 盛田隆二『二人静』に、緘黙の少女が登場。
2011
平成23
○ はやしみこほか『なっちゃんの声』。
2012
平成24
○ 「信州かんもくサポートネットワーク」が誕生(後の「信州かんもく相談室」)。
○ この頃から、地域密着型の緘黙支援グループが現れ始める。
2013
平成25
○ テレビ番組「ザ!世界仰天ニュース」で、緘黙の少女が扱われる。
○ はやしみこほか『どうして声が出ないの?』。
○ 「経験者が語る場面緘黙講演会」開催。NHK首都圏のニュースが報じる。
2014
平成26
○ 日生マユ「放課後カルテ」(『BE・LOVE』連載)で、緘黙を主題とした連載が始まる。
○ 場面緘黙シンポジウム「明日から活かせる場面緘黙児への支援」開催。
2015
平成27
○ らせんゆむほか『私はかんもくガール』。
○ 衆議院で、緘黙が2度単独の議題に上がる。
○ NHK Eテレ「ハートネットTV」が、緘黙を主題とした放送をする。
○ かんもくフォーラム開催。

関連記事

◇ 緘黙年表 (新しいウィンドウで開く