緘黙のみを扱った本

本のご紹介 解説

Treatment for Children With Selective Mutism: An Integrative Behavioral Approachの邦訳書。

治療専門家向けに、20回のセッションで、スモールステップで発話に持っていくためのマニュアルといったところでしょうか。 7月20日発売予定。

ブログでも取り上げています。⇒翻訳書『場面緘黙の子どもの治療マニュアル』が出ますNEW!

主に80年代中ごろまでの国内の先行研究と著者独自の研究をもとに、 場面緘黙について総合的にまとめたものです。

緘黙に関する内容を含んだ本 その1

本のご紹介 解説

臨床心理学大系の第20巻です。

杉山信作「選択性緘黙の心理療法」が収められています(223-240ページ)。事例研究ではなく、選択性緘黙全般についてまとめたものです。

緘黙について、全般的にまとめてあります(72-118ページ)。

詳しくはブログで紹介しています。

子どものかかわり障害 (メンタルヘルス・シリーズ) 小林 重雄
同朋舎出版 (1989/11)

加藤哲文「選択性緘黙」が収められているそうです(81-125ページか)。

緘黙に関する内容を含んだ本 その2

本のご紹介 解説
子どもと思春期の精神医学 金剛出版

大井正己「選択緘黙」の章があるそうです。2万円もする本だそうです。

笠原麻里「場面緘黙」が収められているそうです。

遊戯療法の実際
遊戯療法の実際
posted with amazlet at 07.03.24
河合 隼雄 山王教育研究所
誠信書房

「場面緘黙Z君の箱庭&プレイセラピー」が収められています。

石谷みつる「自律性の未熟さとしての場面緘黙」が収められています。

京大心理臨床シリーズ。

入江茂「ブロック技法を介した場面緘黙児の精神療法過程」が収められているそうです。

芸術療法実践講座。

「緘黙の子どもと動作法」が収められているそうです。

遊戯療法と子どもの心的世界
弘中 正美
金剛出版

「ある緘黙症男児の遊戯療法の分析―萎縮した自我と肥大した自我 遊戯療法の教育・研修)」が収められています。

発達障害の臨床
発達障害の臨床
posted with amazlet at 07.03.24
中根 晃
金剛出版

「児童期の解離性障害とヒステリー 言語障害―吃音、速話症、心因性緘黙)」が収められているそうです。

藤沢敏幸「場面(選択)緘黙」が収められているそうです(233-241ページか)。

精神科ケースライブラリー (6)
風祭 元
中山書店 (1998/11)

竹山直樹「選択緘黙」が収められているそうです(231-241ページか)。

今日の児童精神科治療
本城 秀次
金剛出版 (1996/10)

大村豊「緘黙症」が収められているそうです(224-236ページか)。

子どもの無意識
子どもの無意識
posted with amazlet at 07.03.24
フランソワーズ ドルト
青土社

緘黙について、言及があるようです。

フランソワーズ・ドルトは故人ですが、精神分析で著名だそうです。

「選択性緘黙の小学生」を収録しているようです。

緘黙について言及があるようです。

学校カウンセリング
学校カウンセリング
posted with amazlet at 07.03.24

ミネルヴァ書房

緘黙について、言及があるようです。